読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

「模試の復習」は当日にしときなさい。悪い場合ならなおさら。


スポンサーリンク


一橋大学生の受験勉強論。
今日は「模擬試験」に関してです。

受けてしまった模試は有効活用するほかない

このブログ執筆日は11月です。
大学受験だったら、模試の多いシーズンですね。
模試の出来が悪く、受けなきゃよかったなーと
なかったことにしようとしていませんか?(笑)

考え方として、模試の受験に国立だったら10時間近く費やすんですよね。
それを既にしてしまってる以上、この10時間を無駄にするのは勿体ないです。
所詮模試です。とっとと復習してしまいましょう。

模試の復習ほど気が乗らないものはない

採点はテンション高いんですよね。
ただ、模試の復習って「もう済んだこと」をだらだらやるので、
めっちゃ気が乗らないんですよね。わかります。

でも前述したとおり、既に受けてしまったものは有効活用するほかないので、
テンション高く自己採点した流れでやってしまいましょう。
遅くとも翌日までに行わないと一生やんないですよ。
あとは月並みですが、当日が解いた感覚とかを一番覚えてるんでね。
こんな記事も書いたので参考までに。

今日から始めないと、一生することはないでしょう。 : モジモジラジオ

という感じです。ほったらかしにしてると、
模試に使った何時間が無駄になってしまうので、とっととやりましょう。

「できなかった」ことが「できるようになる」ことが成長

できなかったのはいいんですよ。
模試なんて練習です。
ぶっちゃけサボっても本番減点されることなんてないんですよ。

大事なのは模試で「できなかった」ことが「できるようになる」ことだけなんですよ。
それが成長であり進歩なんですよ。
どこができないかを確認し、できるようにすることだけが重要です。
むしろ満点なんていらないんですよ。
模試で満点とっても脳トレにしかならないから。自信はつくけど。

なので、出来がよくても悪くても復習はとっととして、
模試で出た問題は満点取れるようになるまで反復しましょう。
それをやるだけで模試に時間とお金を投じる価値があります。

大事なのは模試を解く瞬間ではない。そのあとです。

もしこれを読んだ受験生いたら、勉強がんばってください。

ではでは。