すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

【受験勉強】一橋大生が実践した、1日10時間以上勉強するための「息抜き」の方法


スポンサーリンク


今日は受験勉強に関して。
受験勉強はまず、量だという話を以前にしましたが、
今回は「実際に量をこなすには?」ということについてです。

まず「これを書いているお前はどうだったんだ?」ということですが、
自分は浪人時代1日12時間以上勉強していました。
その経験をもとに書いていきたいと思います。

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s


集中力は「途切れるもの」である

まず、みなさんは人間なので集中力は途切れます。
これは仕方のないことです。
10時間もぶっ続けは無理です。
そのうえで勉強時間・方法をデザインしないといけません。

「集中力が途切れたときにどうするか?」が大事です。
途切れるものは仕方ないです。人間だもの。
うまーく切り替えて、リカバリーしましょう。

9時から始めて細かく、計2時間休憩し、21時まで勉強する。
これで10時間いきます。多少の休憩はむしろプラスに作用します。

では、具体的な方法について書いていきましょう。


勉強する「何かを変える」ことで気分転換をはかる

まずはこれ。
勉強していて集中できなくなったときに、
「何かを変えて」気分転換をはかるというものです。


◆勉強する「科目」を変える
勉強する科目を変えると気分転換になることが多いです。
集中できないな~というときはやってて楽しい科目・得意科目を存分にやりましょう。
そしてテンションが上がってきたら、苦手科目などに取り組めばOKです。
自分はテンションが上がらないときは日本史をやることが多かったです。
テンションが低くても勉強に取り掛かれるのが日本史でした。

◆勉強する「場所」を変える
場所を変えるのも気分転換になります。
予備校であれば教室を変える。
家から出てカフェに行く。ちょこっとマックで勉強する。
家の中でも数十分リビングで勉強する、など。
場所を変えることでリフレッシュしてまた勉強に取り掛かれることが多いです。

209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s


何かを変えて
気分転換を図るのもいいと思います!ただし、勉強はしましょうw


一時勉強を中断して、気分転換を図る

勉強の継続を諦めて、小休止を挟むのもいいと思います。

自分が行っていたリフレッシュ法も紹介しておきますね。


◆外に散歩に出る
自分の中での定番はこれでした。
ストレッチしながら歩くのマジおすすめです!
あと、雨でなければ外を歩いてください!
エアコンのない環境で風に当たると本当に気持ちがいいです。
自分は軽食をとりながら散歩して休憩していました。
ストレス解消にもなると思います。超オススメ!

1ccde57d2cc52af28541d5f99673cdd1_s


◆好きなものを食べる
これもオススメです。
特に「食べる」という行為はリラックスできると思います。
顎を使うのがいいのでしょうかね ?
好きなものをお腹いっぱいにならない程度食べるのがいいと思います。
お腹いっぱいになると眠くなってしまうので。
あと、あんまり食べ過ぎると当然太りますので注意w

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s


◆ 寝る
これは定番でしょうね。
ただ、自分には寝れる時と寝れない時がありました。
自分の体調などと相談しながら、ちょっと寝ると頭が冴えると思います。
これも、寝すぎには注意ですw寝起きは頭が冴えないので。

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s


自分の集中力もデザインすることで、勉強時間を稼げるようになります。
大学受験なんて一部を除けば勉強量でいけると思うので、
休憩もしつつ、どんどん勉強しましょう!

そのうちオススメしない息抜きの方法も書こうかなと思います。

本日はこのへんで。
ではでは。