あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

変な生き物と名高い僕がサンシャイン水族館の「へんないきもの展2」に行ってきた


スポンサーリンク


タイトルの通りです。

サンシャイン水族館「へんないきもの展」に行ってきた

池袋サンシャインシティ60にある水族館では現在、「へんないきもの展」というものが開催されています。

感想でもめっちゃ詳しく細かく明晰に論理的に書こうと思ったんですけど、どんな生き物を見ても

「変だねえ」

としか感想が思い浮かびませんでした。

せっかくなのでこの感動と興奮とドキドキちゃんをお伝えしようと思います。

www.sunshinecity.co.jp

「へんないきもの」を写真と一緒にどうぞ!

まずは、ジーベンロックナガクビガメという亀。そもそも甲羅も大きいんですけど、何より首が長い。

入口付近にいて、まさに皆様のご来場を「首を長くして」待っていたという感じ。

どっかに何かがいるらしい。うまく隠れててようわからなかった。

エビ。エビちゃん。

エビちゃん。

ジャイアントクラブ。右手のはさみが超でかい。右手にグローブはめてる感じ。グローブ。

軟式globe。

オオカミウオ。何が変なのか忘れてしまった。

エイリアンフィッシュ。口をめちゃめちゃ大きく開くらしい。この画像の構図が全く分からない。

クマムシ。

 

名前も何が変なのかもわすれてしまった。トカゲだと思う。

最後はメンフクロウ。お面をかぶったような顔をしているフクロウ。

もうちょい顔をいじってあげれば

こんな感じにもなりそう。

へんないきものはこれ以外にもいろいろいるよ!

「早川いくを」の解説文がやたら面白い

へんないきものの解説を作家の早川いくを氏が行っています。

「へんないきもの展2」開催によせて

秋の終わり。枯れ葉も舞い落ち、道ゆく人の背中にもそこはかとなく愁いが感じられるこんな季節に、場ちがい感あふれる「へんないきもの展」である。
どうか日頃見られない珍妙な生物に、まじまじと見入って欲しいと思う。
しかし見たからといって、痩せたり儲かったりする訳ではない。モテたりもしないし、恋も仕事もうまくいったりする訳でもない。
だが人はパンのみに生きるにあらず。今日ばかりは、コスパだの効率だのお得感だのといったソロバン勘定はドブに打ち捨て、ただ単に無駄な時間を過ごしていただきたい。この世知辛い今の世の中で、無駄こそは最高のぜいたくであり、この会場にはそれが詰まっている。

(http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/heniki2/)

早川さんのメッセージなんですが、もう既に面白くないですか?こんな感じの解説文がいきものごとにあるので、ゆるーく笑いながら見れますよ。

水族館・プラネタリウムとセットなら半額になるのでぜひ!

「へんないきもの展2」の料金は800円。ですが、今回なんと!水族館またはプラネタリウムとセットでご来場なさったお客様に限り!

なんと!

半額の、400円でのご提供!!(ジャパネットのジャーンってSE)

池袋にいらした際にはサンシャイン水族館やプラネタリウムとセットでぜひ足を運んでみてください!

期間も2月14日のバレンタインまでに延長になったのでカップルのみなさんは行ったらいいんじゃないかな!

へんないきものを見て

「かわいい~~~~」

「かわいいね。でも、キミの方がとってもかわいいよ!」

とか言ってろ!チョコでも交換してろ!

www.sunshinecity.co.jp

え?ぼくのどこが「へんないきもの」かって?

知らねえよ。

ではでは!