すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

中村俊輔も唸った青森山田・原山くんのロングスローに惚れた!反則ではないよ


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

今日は家のTVでのんびり高校サッカーを観ていました。

決勝の組み合わせは東福岡高校と国学院久我山高校に決まりましたね。

 

www.aberazio.com

 自分で言うのもなんですが、ココで挙げた3校のうち、2校がベスト4になるとは思ってもいませんでした。本当は桐光学園高校とか大津高校とかも書こうか迷

 

った末のこの3校だったので、自分の勘の良さにニヤついています。

そんなこんなで準決勝観てて思ったのですが、

青森山田のロングスローすげえな!

と。

青森山田高校のロングスローが半端ない

青森山田・原山くんの35m超えのロングスロー!

すごいんですよ。本当に。

まずは映像でご覧ください。


青森山田 ロングスロー

サッカーボールを蹴るのではなく、遠くに「投げている」のは青森山田高校の原山くん。

その飛距離は35mを超えるとのこと。35mってなんだそりゃ。ハンドボール投げでもいかないのに。

これ、パフォーマンスなんかではなく本気の戦法です。

実際にこのロングスローを起点に今年の選手権では3回戦の桐光学園戦で得点。後半ATで2点差を追いつく大逆転劇を呼び込みました。さらには準決勝の国学院久我山戦でもこのロングスローを起点に先制

結果に結びついているのが素晴らしい。

まさに、全国に脅威を与えるロングスローでした。

青森山田の身長の高さがロングスローを活かす!

このロングスローをさらにすごいものにしているのが、青森山田高校の身長。

ベガルタ仙台内定のDF常田克人は189㎝!さらにDF近藤瑛佑も190cm!

そして青森山田高校の平均身長は177.7cm!!思わず

バスケか!!

と突っ込んでしまうほど。

177.7って普通の高校だったらかなり背の高い方なのにこれが平均・・・。

この高さが、ロングスローで上がったボールを奪いに行くんですね。これは強い・・・。

スローインが「セットプレー」の大チャンスになる

このロングスローがあると青森山田にとってゴール寄りでのスローインは「セットプレーの大チャンス」になるんですよね。

だから相手DFもクリアで外に出すのをためらってしまうんですよね。

実際に選手権でも得点を演じているだけに、相手校もかなり警戒していたと思います。

「ロングスロー」がサッカー選手の「ひとつの武器」になる

ロングスローを行う選手は増えていますし、今後ますます増えていくと思います。

これだけ脅威となり得ると、もはやサッカー選手で「スローイン」の能力がもっと評価されるようになってくると思うんですよ。

多少能力が劣ってても、「コイツはスローイン強いから使うか」ということも今後増えていくと思います。

「スローインはサッカーじゃない」とかいう美学は何の意味もないですよ。「反則なじゃないか」とかいうのも無駄です。実際に得点が産まれているわけですもの。

中村俊輔選手も褒めていますし。

www.sanspo.com

ルールの中で、「いかに得点に結びつくか」「いかに相手が嫌がるか」を考えながら普通の人は習得もしない「ロングスロー」を武器にした原山くんは素晴らしいと思います。

ここまで来れば脅威です。

そして、そのロングスローをセットプレーの大チャンスにし、得点を重ねてきた青森山田高校、たいへんお疲れ様でした。

明後日1月11日は東福岡高校と国学院久我山高校の決勝戦です。

お楽しみに!

ではでは!