読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

プレゼンの重要性をわかってない大学生&大学で見た「クソプレゼン」5選


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

大学の授業でプレゼンやるじゃないですか。グループワークとか。

それで、場数踏んでないから仕方ないんですけど、あまりにも

「コイツ、わかってないだろ」

って思うことが結構あるので、とりあえず「プレゼンって重要だ」って話をします。大学生はぜひ読んでください。

※続編書きました!

www.aberazio.com

評価は「プレゼンを含めた」成果物で評価される

当たり前の話なんですけど、成果物の評価は「プレゼンも含めて」なされます

ビジコンやインターンの優勝は「プレゼンをしっかり決めて」勝ち取るものです。「素晴らしいビジネスプランを練った」段階ではまだ、優勝は決まっていません。

もちろんプレゼンが用意されている舞台では、その成果物の魅力をプレゼン以外で伝える方法は皆無です。

仕方ない、こういうルールなんですから。

なのでプレゼンが終わるまでは気を抜かないようにしましょう。

ホントに当たり前のことなんだけどね。

ダメなプレゼンは、あなたの「成果物の価値」を一瞬でゼロにする

これはぼくも経験があります。

「これは画期的だ!」と思うアプリケーションを作って、最終プレゼンのときです。作ったアプリのプレゼンを終えた途端に審査員から

「で、これは何なの?」

と、言われてしまいました。この時点で優勝は消えました。残念。

評価する方が「これはいいものだ!」と認識しない限り、評価はしてもらえないんですよね。その良さが伝わったかどうかは、とても重要です。

最終的な評価は

【成果物の質】×【プレゼンの質】

だと思ってください。

だからプレゼンがダメだったら「どんなにいいものを作ったとしても」結果はダメなんです。

プレゼンが下手くそだと、人生損することばかりである

広く「伝えるのが下手」と解釈してもよいです。

まず、どんなにいいものを作っても評価されにくい。

次に、自分がどんなにいい人でも評価されにくい。

面接でも、恋愛でも損するばかりです。これは「社会の仕組みがそうなっている」から、ある程度仕方のないことです。

よく

「コミュ力だけで生きてるやつが多い!ずるい!」

と、負け惜しみを言う方もいますが、彼らは現状の社会システムに順応した生き方をしているだけです。その点彼らは優秀であると言うことができます。

「重要性を認識すること」と「場数を踏むこと」でどうにでもなる

別に才能の問題ではありません。

しっかりと「重要性を認識」し「場数を踏む」だけである程度プレゼン上手になれると思います。

プレゼンが「重要である」と1回認識してしまえば、あとはそれを意識したうえでプレゼンに臨むはずですので「場数を踏むだけ」で十分だということです。

ここでいう「場数を踏む」とは、

  • 自ら工夫し、実践すること
  • 前回の反省を活かすこと
  • 他人のプレゼンの良い部分を盗むこと

です。ここまでやってのこそ「場数」であり、適当にやっても意味はありません。

ここで、ぼくが大学で見た「クソプレゼン」ベスト5をどうぞ

言葉悪いですがほんとにクソプレゼンです。突然ですがどうぞ!

第5位:プレゼンの9割が苦労話

 

成果物の魅力はありませんってこと?

お涙ちょうだいパターン。

 

 

第4位:壇上で「次○○ちゃんが話しなよ~」「え~無理だよ~~」

 

 

恋バナか!!!

居酒屋でやってろ!

 

 

 

 

 

第3位:ポケットに手を突っ込んで話す

 

 

舘ひろしかよ!!!

しかもお前の顔、全然カッコよくありませんから~~~

残念!!(ギター侍風に)

 画像はhttp://prw.kyodonews.jp/opn/release/201302129868/より引用

 

 

 

 

 

第2位:原稿とキスしてしまう

 

原稿を見すぎ!!顔が近すぎ!!!

原稿が好きなのもわかるが!そういうのはおうちかホテルでしてくれ!!

 

 

 

 

 

 

第1位:5分のプレゼンで30分の大演説をかましてくる

 

 

 スティーブ・ジョブズでもやらねえよ!!!

 

お前の話を聞くために払った授業料じゃないんだよおおおお!!!!

こういうの自覚ないから一番しんどい。本人やりきった顔してくるし。

TEDxでも時間制限あるから!お願いだからそろそろ話すのやめてくれ!!

 

先生も「ウンウン」って頷いてんじゃねえよ!止めてくれ!

 

 

 

なんで大学でこれを教えないのか

結局は、早い段階から意識し、工夫し、実行することが大切なんです。

だから大学も早いうちから「プレゼンは大切だ!」って言い聞かせなければいけないはず。

しかし、一橋大学で3年間送ってきたぼくですが、こんな初歩的なことですら教わった記憶がありません。

授業もきちんと出てたし、単位もきちんと取ってます。でも、聞いたことがありません。

それなのにいきなり就職活動で「プレゼン力!伝える力!!」とか言われても

そんなん訓練してないし、無理

となっちゃうわけですよね。なので「プレゼンがいかに重要か」はなるべく早く認識するようにしてください。

ではでは!

【次回予告】:意外と知らないプレゼンのポイント集

www.aberazio.com