読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

堀江貴文(ホリエモン)の「本音で生きる」は時間の無駄に敏感になる1冊!


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

今日は書評、読んだ本の感想です。

ではさっそく。

堀江貴文「本音で生きる」が面白かった!

1時間ちょいくらいで一気読みでした。面白かったし、すごく読みやすかった。

難しいことも書いてないですw

ホリエモンの考えが満載で、すごくいい感じです。考えがビシーッと一貫してましたね。

自分は本音で生きてるか?

自分に嘘はついてないか?自分のやりたいように生きているか?という問いかけから始まっていました。

ぼくに関していえば、中途半端に人を尊重することがちょいちょいありましたね。もっと自分本位に振り切っていいかなーってなりました。

別に本音で言って崩れるような人間関係もないんですよね。だから中途半端な馴れ合いはゼロにしていこうと思いました。

出来ない言い訳を考えてないか?とかは自分はちゃんとしようと思っていたことなのでまあOKという感じでした。

時間の無駄に敏感か。常に最適化できてるか?

 ホリエモンが圧倒的なのはこのへん。ホリエモンが時間や仕事に対してどういう感覚で取り組んでるかが細かく書いてあります。この辺がこの本最大のオススメポイント!

あの人、ニュースサイトとかTwitterとか見まくってるけど、いつそんな暇あるんだろ?と思ってたら、スキマ時間を徹底的に埋めてましたね。

「5分で終わる仕事はとっととやれ!」も素晴らしい。参考にします。

 朝起きてから夜寝るまで、無駄な時間は徹底的に省くそうです。アウトソースも惜しまずドンドンぶっこむ。夕食は誰かと食べる。

ランニングは外でするよりマシンがいい。テレビが観れる←すごくわかる

という感じでした。

また、ちょっとでも「イマイチだな」というものはすべて見直し、最適化する。「人生についてもPDCAを回す」を実践されていて、自分も実践しようと思いましたね

「何でもやってる」という印象。それでも睡眠は削らないというので、時間の最適化に余念がないのがわかります。

この本を読んで、あとは「やるか・やらないか」だけだと思う

ノウハウも考え方もまとまっているこの本。ここまでまとまってるのはないんじゃないかと思います。

それだけに読んだ最大の感想としては

「やるか・やらないか」

だけだと思います。自分に正直になって、実践するだけ。難しいことはないです。

結局ノウハウを授けても9割はやらないのが実情なので、自分は1割の側になれるようにします。

久々に一気読みしたこの本、超オススメ!!

堀江さんといえば、「ゼロ」も超オススメですよ!!

ではでは!