すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

ぼくのバレンタインデーの思い出


スポンサーリンク


皆 無

どうも、あべたんです。

はてなブログ今週のテーマは「バレンタイン」。ラジオ大好きっ子なので「今週のテーマ」と聞くとビビッと来るんですよね。

ただ、書くのは初めてですね。というか初めて知った。

その初めてのテーマが

バレンタイン

ないですよ。書けることがないです。

毎年いつもと変わらない1日を過ごしている

これ。下駄箱に異常もないし、机も教科書でいっぱいだった。期待したこともあったけど、何かがあった試しがなかった。

もちろん、「クラス全員に配る女子」とかのはあったけど、そんなものに特別感はない。

強いて言えば小学校1年生の頃、友達が女の子からチョコを受け取ることになって、友達曰く「1人で受け取るのが怖い」そうだから、付き添いに行ったくらいだ。

もちろん、付き添ったからといって特に何にもなかった。友達は嬉しそうにし、その後ぼくらはドッヂボールを楽しんだ。

ほかにも小学校の時にはバレンタイン前に女の子から「チョコあげよっか?」って言われたときもあったが、ロクなリアクションができなかった。結果、何にもなかった。机にチョコがある友達をからかっていた。今考えると最高にダサい行為だ。

大学に入っても、なんにもないよ

大学に入ったらそういうのあるんでしょ?サークルとかあるんでしょ?と思う方もいるが、大学はもう春休みである。サークルも、野球サークルなので冬はオフである。

そりゃぼくだって有名大学に入ったら学歴狙いのインカレ女子がまとわりついてキャーキャーなると思ってたよ。でも、一橋大学とインカレをしている津田塾大学とか東京女子大学とかはそもそも賢いんだ。そんな女神(尻軽バカ女)はいない。

「お前は絶対あるはずだ」とよく言われる

が、何にもない。

ぼくの良いところを挙げると、身長は180cmある。高学歴でもある。高収入になる可能性も平均よりは高いと思う。顔も小さい。丸顔だけど。

でも、ない。これが現実なんですよね。

大学生活で「何にもない」と言われると嘘なんだけど、バレンタインに彼女がいたことがない。綺麗にクリスマス前に別れたりしている。

だからバレンタインは何にもないんですよね。

いつも通りの1日を、全力で楽しもう

バレンタインだからと女の子にたかっても仕方ないですよね。ウンコにたかるハエのような。あ、女の子はウンコじゃないね。失礼しました。

どうせチョコレート店とかに行かない限り、何にも影響はないのでいつも通りの1日を、2度とない1日を、全力で楽しむしかないですね。

今年のバレンタインはどうなるかわからないですが(未来予想はできない)、やはり楽しむようにしましょう。

サブリミナル効果でした。

ではでは!