読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

大学におけるサークルの「新歓活動」がめっちゃ怖い


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

大学生(だった)のみなさんはサークルとか体育会とか入ってましたか?新歓とかに乗せられて入った人が多いと思うんですが、大学に入学する前から思ってたのが

新歓って超怖い

ということです。心あたりのある人もいますが、お話していきたいと思います。

サークルに対するハンパない期待感

ぼく、友達とかいない状態で入学しました。最初はひとりでした。なので「大学にはサークルがある」「サークルでは友達と恋人ができる」「インカレサークルはヤれる」的な類の神話を信じてました。

神話は半分(友達ができるまで)当たってて、半分(それ以降)は未だに神話です。

入学当初は友達もいなかったので、サークルというものがめっちゃ楽しみでした。「ついにぼくにも彼女が...!」という高揚感、わかりますか?

新歓の初期微動が訪れる

そんな期待を抱きつつ、大学に合格した日。ぼくは合格発表を見に行って、合格したんですけど、そこからの新歓がハンパなかった。怖かった。

まず、キャンパスに受験生よりも大学生の方が多いんですよ。なんで?って思うほど。

で、合格の掲示を見て一通り電話報告して、ひと段落。とりあえず休憩しようってなったときですよ。

「あのー、合格されましたか?」

若いカップルみたいな男女に話しかける。

ぼく「は、はい」

「おめでとうございます!これに記入してください!」と言われ、なんか個人情報を書かされる。どうやらテニスサークルの何かのようである。いわゆる「テニサー」。

で、二言目には「うちのサークル来てみませんか?」だ。

来てみませんかも何も、「サークルとは何ぞや」というレベルだ。ぼくは5W1Hが全然わかってない。

それに続いてちょいちょい個人情報を書かされることになった。

ぼくは怖くなって、近くのマクドナルドに避難した。チョコサンデーが美味しかった。途中で東進ハイスクールのアンケートに答えて500円もらった。

「セーブポイント」をください

親が来て、新居を探すことになった。とりあえず大学の生協で相談会をやっているそうなので、そこへ行くことにした。

しかし、道は険しかった。

国立駅から「東プラザ(生協)」に向かうのだが、新歓を行っているサークルの集団が山ほどいた。山ほどいた。下の地図の赤いアイコンがサークルの「群れ」である。1人ではない、「集団」だ。

RPGで言えば間違いなく生協にたどりつけない。途中でセーブポイントが必要だ。回復ポイントも欲しい。間違いなく力尽きる。

校門を入ったぼくは絶望的だった。今日大学に合格したはずなのに。なぜ絶望なのか。

ぼくは「ハリウッドスター」か何かなのか

校門を入ってからのぼくは新歓責めにあった。東プラザまでは50mくらいの距離なのに、1時間ほどかかった。

さながら気分はハリウッドスターだった。色紙にサインを書く感覚で、ぼくの個人情報を用紙に書きまくった。写真も撮られたし、途中でアメフト部に胴上げされた。

ヒップの軽そうな女の子がたくさん近寄ってきた。サークルに入っててもヤれないことに気付くのはもう少し大人になってからだ。一橋ってこんな女子多かったっけ?って思ったら津田塾大学の学生だった。これがいわゆる「インカレ」だった。

成田空港に降り立つスーパースターもこんな気分なんだろう。気分悪いわ。

記者さん、そのリアクション適当っすよ

終わりがないほどに人が押し寄せてきた。何がイラッとするかっていうと、あっちの受け答えが適当すぎることだ。

テニサーに「野球をやっていた」と言うと「テニスにぴったりだ」とか言われる。大学生は野球とテニスの違いもわからないのか。ラグビーでもアメフトでもラクロスでも言われた。だから野球だって。

「右投げ左打ち」はテニスに最高の組み合わせらしい。嘘だろ、イチロー松井に同じ事言ってこいボケ。

とかく受け答えが適当だったので、自然と大学生をバカにするようになっていた。

電話はやめてくれ

ぼくは実家にいるので大学には入学式まで行かなかった。

実家に帰って、次の日以降、やたらと電話が増えた。LINEもだ。電話もLINEも内容は一緒で

「いつ大学来る?練習来る?」であった。

「何日来れる?」に対して「行けない」と言うと返事は決まって「いつなら来れる?」だった。

いつでも来れない、てか行かないわ

という感じだった。電話はやめて欲しい。めんどくさいし、誰かの大事な用だと思う。

着信拒否でもしようかと思ったが、大学の規模が小さいので、そういうことをすると「干されるかもしれない」という恐怖感があった。今考えると全くのウソなので、偽名&偽電話番号でよかったと思う。LINEの交換は逃げられないけど。

新歓には気をつけよう

新歓に対して、今思うのは在校生には「個人情報の扱いはちゃんとやってね」ってこと。シュレッダーかけてるのでしょうか。

新入生に対しては「断る勇気を持つこと」と「新歓を利用して外食に詳しくなろう」ということ。タダ飯は美味しいけど、断れないと消耗もするからね。

と、いう感じで3年前の思い出でした。みなさんも心あたりあるのではないでしょうか。

ちなみにぼくが思う「大学生必読の本」2冊はこれです。必読!!