読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

さっぽろ雪まつりレポート。プロジェクションマッピング輝く夜がオススメ!(大通,すすきの,つどーむ)

旅行・訪問・体験記

スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

先日、さっぽろ雪まつりを見にいくため、札幌と小樽に2泊3日で旅行に行きました。ブログでちょいちょい話題にしていきますね。

宿・ホテルの予約だけは早めに

まず、ホテルだけは早めに予約しましょう。1年で最も、札幌に人が集まる期間です。それも日本中のみならず世界中からです。ホテル探しは苦労するし、値段も高くなります。実際ぼくが泊まったホテルにも外国人が大勢いました。

特に雪まつりの会場である大通周辺から予約が埋まっていきます。大通は雪まつりの会場になっているほか、札幌駅にも近く、地下鉄の利用にも便利です。なので、雪まつりに行こうかなと思ったらすぐに、大通周辺のホテルを予約してしまいましょう。

宿泊の予約には「楽天トラベル」がオススメです。楽天カードで決済するとお得なうえ、ポイントもつきますよ。

ちなみに札幌のホテルでは「ドーミーイン」がやたら評価が高いです。朝食バイキングも豪華なようなので、ぜひ。

ちなみに飛行機の方は、時間にもよりますが、結構予約できる印象でした。成田空港まで行くのが億劫じゃなければLCCがオススメです。安いし。ただ、成田空港第3ターミナルってつまんないんですよね。第2ターミナル時代だと、ターミナルが楽しかったのですが...。

大通会場:圧倒的に夜がオススメ!

さて、雪まつりの話題に入ります。雪まつりは大通会場、すすきの会場、つどーむ会場の3つに分かれています。それぞれ触れていきまが、まずは大通会場から。

大通会場は大通公園にあります。テレビ塔があるとこですね。札幌駅から地下鉄で一駅ですが、歩いていけます。何なら地下道でつながっているので、快適に歩くことができます。 

地上を通っていくと日本3大ガッカリスポットである時計台の前を通過します。

大通会場、メインの会場だけあって、とても広いです。全体を周るだけでも2時間くらいはかかると思います。一方通行で混雑もするし、地面も滑るので、移動がたいへん。ゆっくり見て周りましょう。

五郎丸、芥川賞・又吉など今年ブームになった人の石像や

進撃の巨人やラブライブなど話題のアニメ、

ドラゴンボールなど名作アニメも石像になっていました。

北海道ということで、北海道新幹線でめちゃめちゃ盛り上がっていましたね。プロジェクションマッピングもやってました。

大雪像のプロジェクションマッピングやライトアップは夜しかやってない(当たり前ですが)ので、夜に行くのが圧倒的にオススメです!!他の観光施設も夜はあんまり開いていないと思うので、その点でも大通会場は夜に行くとよいでしょう。

すすきの会場:「すすきの」に行くときに通りすがろう

すすきの会場には、通りに氷の彫刻がたくさんある感じです。魚が埋まってたり、細かい彫刻がなされたりで、それはすごいのですが、まあ長期滞在するほどでもないです。

すすきのにはみんな行くと思うので、大通~すすきのを徒歩で移動しつつ、立ち寄って見るのがよいと思います。

つどーむ会場:意外と遠い...お子さん連れはぜひ!

つどーむ会場は、ます結構遠いです(笑) 大通会場(隣の道路にバス停がある)からバスで40分、札幌駅からもバスで30分くらいします。ただ、シャトルバスで直接行けて210円とお安いです。

雪像とかは大通会場と比べると大したことないのですが、滑り台などアクティビティが充実していました。

お子さんとかは喜ぶと思います!逆に体力に自信がない大人の方とかは行かなくてもいいと思います。

一生に一度は雪まつりを!!

小さいころに行った雪まつりに、久々に行きました。大通会場の大雪像とか、どうやって作ってんの?ってくらい大きかったし、人の顔とか繊細ですげえな!って思いました。

札幌の盛り上がり、高揚感といい、一生に一度は行くとよいと思います。特にぼくなんかは雪に馴染みなく、むしろ嫌いなくらいだったので新鮮でしたね。

札幌のグルメなんかは別の記事に!

ではでは!