すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

大学ではこうやってゴミが量産されるんだ


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

大学も3年生の課程が終わり、あとはゼミを残すまでとなりました。(今学期の単位が確保されていれば)

4年次は他学部の科目履修しようかなーという感じですが、義務でとる授業はもうなくなりました。ここまでを振り返ってみて感じたことなのがこのタイトルです。

※まず注意事項なんですが、全員じゃないです。頑張って成果を上げて頑張って、って大学生もいます。逆に、もっとひどいケースもあります。「有名大学で見かけ上ちゃんとしてるのに」全然ダメだという話です。

見かけ上ちゃんとしてるのに全然ダメな人がいる

きちんと単位そろえて、有名大学を卒業。見かけ・肩書の上では立派なことこの上ないのに、「ものを知らない・議論できない・努力できない」ような学生が割といると思います。3年生になって同じ大学も、違う大学も見て感じました。

3年間何をしてたんだろう?って最初思うんですが、すぐに「実質何もしてない」んだろうなあと思いましたね。そして(自分の)大学を見ると「最悪、何もしなくても卒業できる」という事実がありました。

「何でこうなるんだろう」という思いと共に、綴っていこうと思います。

「がんばらなくていい」という同調圧力があった

大学に入学して、最初の新歓。体育会とか巨大サークルでは履修の情報を後輩に教えて新歓するんですけど、だいたい「楽な授業」なんですよね。体育会はそういう傾向もあると思うんですけど、うちはスポ科がないので、普通科に対する体育会の割合が高いんですよね。

その時に後輩に「授業というのは頑張らなくてよい」って無意識のうちに刷り込んじゃうんでだなあと今になって思いました。サークルに関しては「大学=遊ぶところ」という認識を作るところもありますよね。もちろん、その中でも「面白い授業」にスポットを当ててくれる人がいて、今でもその人のことはこっそり尊敬していますが。

授業も授業だった

出席がいらないor出席するだけでよい

前者は散々語りつくされてるからいいかな。授業でなくていいなら時間を有効活用しましょうという感じ。

問題は後者で「身体が教室にありさえすればよい」場合。つまり出席さえすればよい場合です。これだけはマジで何にもならなかったです。ぼくだって面白くなかったら授業聴くほか、リモートワークで仕事したり、読書したり寝たりしてました。他の人もゲームしたりマンガしたり寝たり。ニコニコ動画見てる人もいましたw

教授も教授で、ただぼっけーと話してるんですよね。90分も話聴けないですよ。パワポべた読みな人もいますし。そういう場合は「出席とるなら工夫してほしいなあ」と思います。話聴かなきゃヤバい感じにするとか。プレゼンもっと頑張るとか。毎回テストやるとか。

レポートは「字数埋めればOK」

レポートで単位が落ちるのってほとんどないんですよね。字数埋めればOKって感じ。あと、制度上担当教授しか見ないんで、お互い使い捨てなんですよね。頑張って書いたレポートが日の目を見ないのはもったいないので、公開したりすればいいのになーって思います。ライブラリとかにすれば、後世も有効活用できるのにな。

そんなレポート事情なので、とりあえず2時間くらいで3000字書いてOK!って感じが多かったです。まあ時間を有効活用できるのでいいんですが。

テストはやっつけ

期末テストもやっつけで、テスト3日前から勉強して頑張る人が多いと思います。今思うとあれも何にも身に付かないですよね。短期記憶だし、忘却曲線的にもアウトだし。重要なことは半年かけて何回でも訊くようなテストにした方が身につくんじゃないかな?って思います。

ただ、期末一発のプレッシャーは大きいので、それをくぐり抜ける訓練にはなると思いますw

これだけを繰り返すと、ゴミが産まれます

大学の【楽な授業をとる→やっつけでこなす→単位取得】というサイクルを3年間も続けると何にも残らないんですよね。変な要領と、中途半端なコミュニケーション能力を身につけただけの、一番めんどくさいタイプのゴミが。単位きちんととって卒業はするけど。

アンテナ張ってないと知見も狭くなる一方だし、読書もしないほどにできなくなっていく。大学受験の語学も衰える(これはぼくですねw)。どころか大学受験で身につけた知識も思考能力も衰えていくんでしょう。

で、3年間もすっかすかに過ごすとあら不思議。有名大学に通ってるのに何にもできない人が産まれるんですねえ。あら不思議だ。

大学に期待しすぎると詰む

結局、「大学が何とかしてくれる」的な発想がだめなんでしょう。大学を活用する、自分で考えて行動するくらいの思考がないと卒業時には何にもなんないですね。「ちゃんと単位取ってるのに!!!」的なことが起こるのでしょう。

授業を頑張ることは義務でも何でもないので、インターンなり外で活動することもアリだし、授業や研究頑張って論文通す方を目指してもいいですよね。とにかく結果を出すこと、頑張ってる自分に満足しないことも重要です。

サークルも図書館もなんでもそうで、大学って要は場を提供しているに過ぎないので、その場をどうやって活用するかとか、大学で最低限こなすこと(単位取得)以上のことをどこかで活用しないといけないんでしょうね。

この前授業でグループワークしたら抜け殻みたいなヤツがいたので、こんなブログを書きました。

ではでは!