読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

自分の手を止めてきたのは「クソつまらないプライド」なんだと思ってきた

日記・雑記

スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

インターンに行ってきて、何にも賞がもらえなくて、悔しい思いもするんですよね。この前も、スライド資料は死ぬほど褒められたけど、それ以外はすっからかんでした。悔しかったです。

「何がだめだったんだろ?」って考えるのですが、やっぱり「つまらないプライドに縛られた」んだなあと思いましたね。

過去の蓄積に慢心してしまう

正直、ここまで色々やってきたと思います。「ふつうの大学生」とは異なるくらい、いろんなことをやってきました。

その経験が「自分なら大丈夫だろう、いけるだろう」と思わせちゃうのでしょうか。余裕ぶっこくんですよね。もちろん、グループワークは真面目には取り組むんですけど、どこかで本気になってないんですよね。

思い上がって、「自分は別格だ」と思って、情けないですね。それでインターン負けるんですもの、成果出てないんですもの。だっさいだっさい。

全然すごくなかったですね、自分。

プライドに邪魔をされて全力を出さなかった

思えば何でもそうだなーという感じですが、本当は「もっとやればよかったこと」「もがけばよかったこと」があるんですよね。今回のインターンもそうで、もっと事前にリサーチをしてくるべきだった。でも「当日の地頭で乗り切るのがカッコイイ」とかいうわけわかんないプライドがあったのか、それを怠りました。

ゴミですね、今考えると。

勝てるならまだしも、全力を出さないで負けるのはクソですね。全然かっこよくないし、「全力を出すべきだった」という振り返りになるのがいちばんクソ。全然意味がない。

今考えれば、反省しかないですね。

失うものなんてないんだから全部やれ、全力でやれ

大学の学位以外、失うものはないなと。別に「ださい」と思われてもいいなと思っていきたいと思います。欲しいのは承認じゃなくて結果です。

もっと貪欲に、もっと向上心持って、もっと泥臭くやらないとダメだと思いました。いつしか、形の綺麗さにこだわって事前準備だったり、「頼む」という行為だったりを怠ってきたなあと思います。多いです。手を動かさないと何にも生まれないです。

いちばんダメなのは結果が出ないことだと思います。どんなに泥臭くても、どんなにダサくてもいいからプライドを捨てて結果にこだわろうと思います。

負けたけどインターン行ってよかったな。これに気付けて。何かあったらこの記事見て反省しようと思います。プライド高々な自分ですが、徐々にへし折って行動に移していきたいと思います。口が達者とか、頭がいいとか知らんから、とっとと行動するようにします。

今日は反省文みたいな記事でしたね。

ではでは!