すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

忙しい・時間がない人は「エッセンシャル思考」を習得すべし。現代人に必須のスキルだ!


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

やること・やらなくてはいけないことはついつい多くなりがちですよね。その全てを捌くのに苦労したり、中途半端にしたりということがあると思います。ぼくも同じです。「たくさん努力しているのに、何で成果が出ないのか」―その答えを導く本に出会いましたので紹介します。

エッセンシャル思考という考え方

エッセンシャル思考とは簡単に言うと「やることを絞ってそこにリソースをぶち込む」ことです。 

それを実行するための3つの原則は

「やらなくては」ではなく「やると決める」。

「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない」。

「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」。 

というものです。本書では「本当に大事なものは何か?」「大事なものにリソースを集中するには?」を叶えるための考え方が凝縮されています。

本書に書かれている考え方・ノウハウ

本書ではシリコンバレーをはじめ、アメリカで活躍したビジネスマンの思考を解説しています。簡単に言えば「やることを減らす」ことです。

そのためには「より少なく、より良く」を心がけること。大事なこと以外は断ること。「やること」は自分で選択すること。などが挙げられています。 

 ほかにも人間関係であれば、中途半端な友人関係を作るのではなく、本当に大切な人(家族・恋人)との時間を大事にし、他に時間を取られないようにするともあります。

これだけではなく、遊びや睡眠に対しても著者の考え方が記述されています。やはり睡眠は重視されていますがその考え方として「もう1時間寝れば、数時間分の生産性が手に入る」というのは目から鱗でした。「眠くて調子が出ない」という状態をバッサリ切ってくれる大切な考え方です。

時間・タスクの管理に対して、考え方から具体的な方法まで記述されています。ここまでクリアに・実践的に記述してくれる本はないと思います。マジで役に立ちます。 

本書を読んでどうなった?

時間に対する考え方が大きく変わりました。研究も仕事も成果を出すために「無駄なことを切りまくる」という発想になりました。今までは「ひとつでも多くの生産をする・こなす」だったので、大きな転換です。

絞って選択したタスクは「Wunderlist」というToDoアプリで管理しています。基本的にToDoが全て消化できるまでは、それ以外の事には手をつけないでいるので頭もクリアでいます。感覚的にですが、時間も増えた気がします。夕方くらいにはやることが片付いて夜はゆっくりすることができています。

最近は積極的に「断る」ようにもなりました。この生活を継続していけば、何に対してもも生産性が上がりそうです。読んでよかったです。

こんな人にオススメ!

「やることが多い」という方、特に「ひとつひとつを丁寧にこなす時間がない」という方には強くオススメします。

「やらなきゃいけないことが多い」ということではなく、「やらなくていいことまでやっている」ということに気付くと思います。

「断る」ことは悪いことではなく、「本当にやるべきことを全うするための合理的判断」なのです。無駄だと思う飲み会やイベント、意義を感じない仕事のお誘いなど、日頃受けてしまっていることを断ることで、「やるべきこと」に集中できます。理想は一点集中です。

ちょっとでも「忙しい・時間がない・やることが多い」と思っている方は一度読んでみてください。超オススメです!