すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

黒木華・最上もが出演のドラマ「重版出来!」が最高の出来!


スポンサーリンク


どうも、あべたんです。

今期のテレビドラマは面白いと思い、結構観ています。日本テレビ系列の「ゆとりですが」も面白いですよね。話題になっています。

今日はそんな2016春ドラマの中でもイチオシを紹介したいと思います。

TBSドラマ「重版出来!」が面白い!

久々に「おっ!」と思えるドラマでした。主演は黒木華さん、もともとは能年玲奈さんがやるはずだった?のですがスライド登板。黒木さん、爽やかでいいですよ。役ともマッチしていて可愛らしいです。

そして注目は我らがでんぱ組.incの最上もがちゃんです。この時間帯の連ドラに出演という快挙をまた成し遂げます。でんぱ組はまだまだ駆け上がりますよ~~!

次回第3話はもがちゃんがよーく出るみたいですので、要チェックですね!!

テーマは「本気で仕事するって、カッコイイ。生きるって、素晴らしい。」

舞台は、週刊コミック誌の編集部。

何者でもない人が「漫画家」になる。その才能を支える編集者たち。

彼らは、「一冊の漫画」という夢のために、ひたむきに全力で仕事に取り組んでいた。ひとつの「漫画」が人生を変えるんだ。それを多くの人に届けたい… その「漫画」を重版出来させたい…重版出来(じゅうはんしゅったい)・・・それは、初版と同じ版を使い、同じ判型、装丁にて刷りなおすこと。つまり、売れた漫画ということ。そこに足を踏み入れたのは、新米編集者・黒沢心。

「今の自分が、心から熱くなれる場所は、ここしかないと思いました!」

まっすぐな彼女の人間力と持ち前の勘は、やがて皆を動かしていく。

 「出版社」「働く」という題材のドラマといえば「働きマン」でしょうか。あのマンガ・ドラマもぼくは大好きです。「重版出来!」は「綺麗でまっすぐな働きマン」という印象です。一緒に観るとどちらの面白さもわかると思います。働きマンの方がドロドロしてますw

新人の黒沢心がひたすらまっすぐに奮闘し、周りの登場人物とともに成長していく、あまりにもまっすぐなお仕事ストーリーは本当に面白いです。気に障るようなシーンも全くなく、どこを観ても清々しい。気持ちが良いです!

第2話の、営業の小泉純(坂口健太郎)が「幽霊」と呼ばれるような存在感のないような営業マンから一変する成長ストーリーも見応えがありました。「ここで頑張らなきゃ、ぼくは一生幽霊のままだ」と奮起するシーンはカッコよかったです。胸が熱くなりました。

働く、って素敵 

今日一日、会社で仕事を、学校で勉強を、家で家事を、頑張った人たちの、

自分へのご褒美になるような、明日からも頑張る勇気とヒントにあふれた、

笑って泣ける、テレビドラマの楽しさがぎっちりつまった

“とびっきり”の連続ドラマをお届けする。

このドラマを観て「働くって素敵だ!」「頑張るって素敵だ!」と思いましたね(単純)。 

まだ大学生で、社会人になるのは来年ですけど、そのときに「黒沢心」のような清々しい新人でありたいなあ、がむしゃらに頑張れたらいいなあと感じます。 

実際の仕事はもっとドロドロしたものだと思いますが、「上手くいかないときに踏ん張れるか」がカギでしょう。そして「頑張れるか/頑張れないか」は今から習慣づけていかなければとも、思います。頑張る・頑張らないに大学生も社会人も関係ないっしょ!

最近は朝食を食べながら「重版出来!」を観て気持ちよく家を飛び出しています。

今日も頑張るぞ!おー!

※引用文はすべて火曜ドラマ『重版出来!』|TBSテレビ