読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

カフェや図書館でのパソコン作業を集中して行う方法


スポンサーリンク


こんにちは、あべたんです。

みなさんはよくカフェや図書館で作業とかしますか? ぼくは結構します。ぼくは自分の大学の図書館が好きです。よくここで勉強したりしています。

www.aberazio.com

今日はカフェ・図書館で作業する際にぼくなりの集中力を保つ方法を書いてみます。短時間に限りますが、オススメの方法です!

パソコンの充電器を持って行かない・電源のないところで作業する

カフェとか行く際に「電源があるかどうか」を気にする方は多いと思います。しかし、ここは逆に「充電器は一切持って行かない」のです。ただし2,3時間ほどは作業できるようにパソコンのバッテリーはある程度蓄えた状態にしておいてください。

ちなみにぼくのパソコンはMAXに充電していても3時間ほど(ちょっとしょぼい)なので集中力を保つには丁度いいです。

ぼくもいつも充電器を持って行ってカフェに長居するタイプ(カフェが空いていたら)なのですが、逆に充電器を持って行かないようにしたら作業効率がグーンと上がりました。目の前の作業に集中して取り組めるようになったのです。

「時間制限」というプレッシャー

戦略コンサルタントでブロガーのShinさんが以前「あなたの生産性を今の3倍に上げる秘訣を教えよう - Outward Matrix」という記事で物事を取り組む際に「カウントダウンタイマーをセットしタイムアタックにする」というのがあります。ぼくもこの意識は有効であるとと思います。

パソコンの充電器を持って行かないことは「パソコンのバッテリー残量」というタイムアタックを行うことができますし、2,3時間であれば集中力を保つ&作業量を確保できる時間として効果的なのではと思います。

ネットサーフィンなど「余計な作業」が一切できない

パソコンのバッテリーがあると自分の行動に大きな制限がつきます。目的達成のための行動以外は基本的にできなく(する余裕がなく)なります。

例えばYouTubeで動画を観たり...といったことはできなくなります。そんなことをしていたらバッテリー的に作業をする余裕がなくなってしまうからです。

パソコンのバッテリーの制限は自身の行動に制限をもたらせてくれます。パソコン上において目的に即した行動以外はとれなくなるので、たいへんオススメですよ。

「作業の目的・タスク」を紙に書いておく 

「自分は何をしにカフェor図書館に来たのか」ということをハッキリさせ、紙に書いておきましょう。その紙は机の上に置いておき、目的を忘れないようにするとよいです。 

 ここで肝心なことは「目的の達成に関係のないことは一切やらない」ということです。余計なことをした分だけ時間と手間のロスになります。ネットサーフィンやTwitterなどは作業が終わってから、もしくは別のタイミングで行えばよいのです。メールチェックも同じ。別の機会に行えばよいのです。

「カフェに来た目的」を紙に書いて見えるようにし、最短で目的を達成できるよう、余計な操作は一切行わないようにしましょう。

スマートフォンは機内モード、もしくは電源を切る!

LINEやFacebook,Twitterをはじめ現代は「常にコミュニケーションが取れる時代」であり、「常にリアルタイム(最新)の情報に触れることができる時代」です。

前者も後者も、その行動に制限をかけなければ際限なくインターネットに入り浸ることができます。もしサイトを持っている人がスマートフォンアプリに「Google Analytics」を入れていたら、常に「リアルタイムのアクセス数」が気になったりしませんか?(ぼくだけでしょうか)

素晴らしい時代ですが、自分の作業中においてそのような情報等は「作業の進行を妨げるもの」にしかなりません。

情報収集等は移動時間や休憩時間などの空いている時間に行うようにし、作業に集中したい時間は端末をオフにすることで作業に集中できる環境を作りましょう。外部との常時接続を遮断する究極的な方法として「スマートフォンの電源を切る」ことをオススメします。

もちろん、就職活動中や仕事で「連絡が来る状態にある」人はスマートフォンの電源を切ってはいけませんが...。

わざわざ「カフェ・図書館に足を運ぶ目的」を忘れないこと!

パソコンに限らず、わざわざカフェや図書館に行ってまで作業をすることには理由があると思います。そして、その多くは「自宅では集中できない」というものだと思います。ぼくも同じです。

しかし、意を決してわざわざカフェまで足を運んだにもかかわらず、作業や勉強に集中できないというのは労力と金銭の無駄になってしまいます。

「なぜ、わざわざカフェまで足を運んだのか」ということは忘れないようにしましょう。その意味で「目的を紙に書く」というのはオススメなのです。

また、自宅を出ることで「家族・テレビ」などの阻害要因を排除できたかもしれませんが、作業の効率性を阻む要因は他にもあります。特にインターネットにどこからでもアクセスできる状況であれば尚更です。

「カフェに行っても集中できない」と感じる人は実際に「作業以外の何に時間を使っているか」を特定し、その原因を叩き潰すようにしましょう。特に「パソコンの充電やスマートフォンの電源を切る」など物理的に他の操作ができなくなるようにする対処法は非常にオススメです。

今日はこのへんで、ではでは!

※1人でカフェの座席を何席も取ったりお客様が並んでいるにも関わらず何時間も居座るのはよろしくないです。マナーを守って気持ちよく利用しましょう。