すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

兵庫県出石そばの名店「近又」で皿そばを心ゆくまで食べる!


スポンサーリンク


兵庫県に旅行した際、出石までドライブに行く機会がありました。

その際に「出石そば」というちょっと変わったお蕎麦を召し上がりました。本当に美味しかったので今回はそのレポートをお届けしたいと思います!

兵庫県の小京都「出石」

「出石」と書いて「いずし」と読みます。

兵庫県の北の方に位置します。兵庫県と言えば神戸、姫路、明石など聞きなれた都市が県南(瀬戸内海側)に位置するため、県北というのは馴染みがないかもしれません(自分だけかな)。

出石は「豊岡市」というところに位置し、アクセスは京都・大阪・神戸から車で3時間、姫路から車で2時間です。(引用:交通アクセス | 但馬國出石観光協会公式サイト)

出石は「兵庫の小京都」と言われ、街並みは情緒あふれており、山の中に位置するだけあり、非常に歩いていて心地よいです。 以下は出石の街並みの写真ですが、いかがでしょうか?タイムスリップしたような感覚を味わうことができます。

出石そばとは?

綺麗な街並みを拝見しつつ、本日のメインは「出石そば」を召し上がることです。

「出石そばとは何か?」 出石そばの歴史 | 但馬國出石観光協会公式サイト によると、出石そばの特徴は以下の3点です。

◆小皿に小分けした独特のスタイル

出石焼の小皿に盛りつけた皿そばを何枚も食べる独特の様式です。
五枚一組を一人前とし、薬味と徳利に入ったダシでいただきます。出石では箸を立てた高さを食べると成人男性の一人前と言われています。

◆出石皿そばならではの多彩な薬味

出石皿そばの薬味は玉子・とろろ・ねぎ・大根おろし・わさびなどがあります。

◆ダシにこだわったつゆ

各店上質な素材を使い、独自の工夫を凝らしお店の味を作り上げていますが、一般的にはカツオとコンブの濃厚なダシが出石皿そばの特徴といわれています。

わんこそばのイメージで、更におそばが小分けされています。5皿1組(食べきったら5皿を追加注文)を、様々な薬味で召し上がるスタイルです。ちなみに、僕はこれを全く知らないで行ったので、おそばが皿で出てきた時にはびっくりしました。

この「皿そば」のスタイルが行われたのは以下の経緯のようです。

現在は割り子そばの形態をとっており、この形式となったのは幕末の頃で、屋台で出す時に持ち運びが便利な手塩皿(てしょうざら)に蕎麦を盛って提供したことに始まったと言われています。

その後、出石焼きが始まり白地の小皿に盛る様式が確立されました。

 5皿1組なので、1人で食べているときは「13皿でギブアップ...」的な事態が許されないんですよね。そこだけがネックですので、5皿単位で食べられなさそうなときは、その時点で諦めるのが吉です。

「近又」でお腹いっぱい食べる!

今回僕が訪れた出石そばのお店は「近又」。食べログの評価もかなり高いほか、「ミシュランガイド兵庫2016 特別版」にも掲載されております。非常に人気店です。

tabelog.com

土曜日の午後1時半ごろ、1席だけ空いていたので並ばずに入店できました。しかし、退店時にはかなりの行列ができておりましたので、ある程度並ぶことは覚悟しないといけないと思います。

メニューは「皿そば」のみ。あとはドリンクと肴だけです。専門店らしく、非常に潔い!

最初にそばつゆに加えて「薬味」が配られます。デフォルトでとろろと生卵が配られるのは初めて見ました。出石そばらしさをここで感じることができますね。

このときにおそばの食べ方を店員さんが丁寧に説明してくださいます。最初はそばつゆのみで食べて、その後に薬味を入れて味変して食べるとのことです。んー、麺が楽しみだ!

そして待つこと少々、麺が来ました!!

最初は1人前5皿(2人いるので10皿)が来ました。これぞ「おそば!」って感じのいい色をしています。おそばの香りが強く漂い、非常に美味しいです。

麺はツルツルでコシを感じ、非常に食べごたえがあります。皿は小さいので最初は「20皿はいけるだろ」と思っていたんですが、全然いけないですね...汗 歯ごたえ食べごたえを感じます。

5皿食べきった後に倍の量(10皿ずつ)を注文しました。目の前でおそば20皿を見るのは壮観ですね。食べきれるのかしら...?と不安になりましたが、何とか食べきりました。

画像で見ても20皿は衝撃ですね...!

途中で大根おろしやワサビなどの薬味に加えて、とろろや生卵を加えて食べていたので全然飽きなかったです!とろろも美味しいです!

特に感じたのですが、生卵がすごく美味しい!!出石の卵は殻が固いのが特徴らしいです。確かに割るのに苦労した! 最初は「ざるそばに生卵...?」と思いましたが、生卵を入れて食べたると「なんだこれ!超うまい!!」と衝撃が走りました。

ダシのきいたそばつゆに生卵の甘さとまろやかさが加わってとても美味しい!

というわけで、合計15皿を食べました。めちゃめちゃお腹いっぱいです。

20皿以上食べると認定証がもらえたり、50皿食べると1年間無料(!)になったりと、特典があるのですが、僕は15皿でギブでしたね。高校野球時代だったら倍はいけたかな...と思うと、若干虚しくなります。

そんなことを感じつつ退店。非常に美味しかったですし、店員さんの接客も非常に明るく丁寧で好感が持てます!!

おそばの味にも、お店の雰囲気にも大満足で、また訪れたいお店でした!!出石に足を運ぶ際には、ぜひ訪れてみてください。

ごちそう様でした!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊岡市その他

おまけ:茶そばプリン

出石観光センターの隣にある、「nagomi cafe」で出石そば茶プリンを買って食べました。

甘くなく、さっぱり。非常に美味しい。 

というわけで、ありがとう出石。ではでは。