読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

「伊藤久右エ門 本店」(京都・宇治)で茶そばと抹茶パフェを味わう!

グルメ

スポンサーリンク


先日京都に旅行に行きました。

京都と言えば抹茶ですよね!京都で抹茶といえば、伊藤久右エ門と中村藤吉の2店が有名だと思います。以前に京都に旅行に行った時は「中村藤吉」で抹茶パフェ(まるとパフェ)を食べたので、今回は伊藤久右エ門の方に伺いました。

www.aberazio.com

平日でも1時間以上並ぶ!

やって来たのは京都府宇治、平等院鳳凰堂がある街です。平等院を観光しつつ、僕がどうしても行きたかったのはこの「伊藤久右エ門 本店」です。伊藤久右エ門は抹茶のお菓子を売ってる「お土産屋さん」のイメージですが、本店は甘味処になってて、店内で抹茶料理・スイーツが食べられるのが特徴です。

京阪電鉄宇治線宇治駅、三室戸(みむろど)駅からそれぞれ徒歩約5分です。JR奈良線宇治駅から徒歩約12分で、けっこう歩きます。

写真は京阪宇治駅にある看板です。

JRの方の宇治駅からは結構歩きます。重い荷物を背負っているので、坂を上ると割と疲れます...。ようやく到着しました。

「茶」というのぼりがよいですね。抹茶専門店らしいです。

訪れたのは月曜日の13時ごろでした。平日だし、さすがにちょっと並ぶくらいかなーと思っていましたが、全然甘かったです。

お店の外にも、中にもお客さんであふれていて、既に30組以上の待ちができていました。予想外だったので驚きましたね。これが抹茶の本丸、さすがの人気です。

1時間以上並ぶ感じだったので、近くにあるケーキ屋さん「カマナリヤ」でケーキセット(抹茶フロマージュとカフェオレ)を頂いておりました。

食べログの評価も高いお店。ケーキもカフェオレも美味しく、有意義に待ち時間を過ごすことができました。

1時間くらい待って、伊藤久右エ門に再度訪問すると丁度僕が呼ばれる頃になっていました。30組以上並ぶときは1時間くらいかかりますので、近くにあるこのケーキ屋さんで時間を過ごすのは非常にオススメですね。

 

入店!茶そばと抹茶パフェを味わう!

ついに入店。期待は高まるばかりです。

最初にお茶(ほうじ茶?)を頂きますが、これが美味しい。中村藤吉もそうでしたが、抹茶店のお茶ってなんでこんなに美味しいのでしょう。このお茶はお金払ってもいいレベルだと思います。お代わりもくれますし、最高ですね。

そして注文。まずは「茶そば」です!!

麺からは抹茶の香りが漂います。香りは、蕎麦粉の強い香りと比べると「思ったよりも強くないんだな~」というのが率直な感想です。普通に考えると、抹茶の香りが強いおそばは食べにくそうなので、これくらいがちょうどいいのだと思います。

麺はツルツルでのど越しが最高、ほのかな抹茶の香りが食欲をそそります。もう1皿食べたいくらい、あっさり完食してしまいました。ネギ・ワサビといった薬味を併せて食べると、よりさっぱりします。梅雨時のジメーッとした日に涼しい屋内で茶そばを食べるというのは最高の贅沢ですね。幸福感でいっぱいになります。

お次は抹茶パフェ。伊藤久右エ門の看板メニューです。スイーツ好きの僕としても見逃せない一品でした。見た目が非常に美しいです。

奥の円状のお菓子はビスケット(クッキー)のようなものです。抹茶の香りがして美味しいです。中央には生クリームがあります。

抹茶と生クリームの組み合わせはずるいと思います。気分よくカロリーを大量摂取できてしまいますね。

白玉はモチモチ、抹茶ゼリーは驚くほど抹茶の味が濃いです。どの層を切り取っても抹茶を全力で味わうことができます。パフェの先端から底まで、とても美味しくいただくことができます。

クリームばっかりで抹茶が足りねえ!!って思う方もご安心を。抹茶が添えられてあって、追加で抹茶をかけることができます。

抹茶をかけると、パフェに含まれる抹茶の香りと苦みがパワーアップし、より抹茶!って感じのパフェを味わうことが出来ます。

速攻で完食しました、美味しかったです。ごちそうさまでした!

京都観光の際にはぜひ! 

京都、特に宇治に来た時に是非訪れて欲しいお店です!宇治には平等院鳳凰堂もあるので、観光で来ることが多いと思います。京都と言えば抹茶!というイメージはあると思うので、京都観光の1つに訪問してはいかがでしょうか。

注意点としては、並ぶ(特に休日)ので時間に余裕を持って行動することをオススメします。 

関連ランキング:甘味処 | 宇治駅(京阪)三室戸駅宇治駅(JR)

今日はこのへんで、ではでは!