あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

逆転裁判6の特典・ダウンロードコンテンツ(時を越える逆転/逆転劇場)の感想!成歩堂VS御剣の対決が蘇る!【ネタバレ含】


スポンサーリンク


逆転裁判6が発売されて1カ月以上が経過しました。これを読んでいる皆様はもうプレイしたでしょうか?

今回は逆転裁判6の数量限定の特典「逆転劇場」とダウンロードコンテンツ「時を越える逆転」の感想を書いていきたいと思います。

本編に関する感想は以下の記事で述べていますので、まずはそちらをご覧いただけたらと思います!

www.aberazio.com

※ネタバレを含みます。特に神経質な方は他の記事をご覧いただけたらと思います。

数量限定特典「遊べる!逆転劇場」 

数量限定の特典として、「遊べる!逆転劇場」と題した2つのショートストーリーをダウンロードすることができます。

「逆転“裁判”」ではなく「逆転“劇場”」というくらいなので、ちゃんとした裁判ではないです。裁判という体を模した「劇場」です。言い方を変えれば、コントです。

逆転劇場には「成歩堂龍一編」と「王泥喜法介編」の2種類があります。

~あらすじ~
クライン王国を訪れた春美を、ボクトとともに案内する成歩堂。
真宵とも合流し、全員でクライン法廷へ向かうと、なぜか検事席にはあのヒラヒラした検事が‥‥。
さらにテロリストも乱入し、法廷は大混乱!
成歩堂たちはいったいどうなってしまうのか!?

なるほどう編の舞台はクライン王国です。クライン王国自体ヘンテコな設定が多かったので、ここでヘンテコ感を出されても、結構馴染んでしまっているというのが正直な感想ですね。

裁判が成歩堂龍一と御剣怜侍によって行われますので、ファンとしては「おおおおおおおおおおお!!!」と胸が高鳴るなんてこともあります。

春美ちゃんがメインに近い扱いをされていたのでショートストーリーとして、メインではあまり扱われないキャラクターを回収するのは断然アリだなと思います。

一方でオドロキ編は日本が舞台です。ナルホド編では春美ちゃんがクライン王国に出向いている一方で、クライン王国のレイファ女王が日本に訪問しているという設定です。

 ~あらすじ~
日本の裁判所イベントの視察のため来日した、クライン王国の姫巫女・レイファ。
王泥喜は牙琉検事とともにレイファの案内役を務めることになる。
視察が無事終わろうとしたところで、レイファの提案により王泥喜と牙琉検事が法廷で対決するハメに!?
一方、休暇を利用して「九尾村」を訪れていたココネは‥‥?

 ここで逆転裁判4の検事だった牙琉響也が登場します。「ガリューウェーブが蘇るううううううううう」っと逆転裁判4のファンには歓喜の展開だと思います。「おデコくん」など、懐かしいセリフが登場します。

ガリュー検事にもてあそばれるオドロキ君も懐かしいですね。

ちなみに両編の「逆転劇場」の感想としては、キャラが好きな人には大満足かなというところ。僕はガリューが出て大満足でしたね。10分ちょいで終わるようなストーリーですし、内容は「超くだらない」です(笑)。僕は嫌いじゃないです。 無料で遊べる特典としては十分だと思います。

期間限定無料DLコンテンツ「時を越える逆転」

目玉はこっちかと思います。「時を越える逆転」というシナリオ1話が7月20日までは期間限定で無料でダウンロードすることができます。これは嬉しい!

事件の影にやっぱりヤハリ、成歩堂の親友の矢張が事件を引っ掛けまわします。シナリオは本編とは無縁の1話完結型です。

ヤハリが結婚!?
花嫁は殺人容疑のタイムトラベラー!?
成歩堂の幼なじみであるヤハリが、久々に登場! しかも結婚すると言って、花嫁を連れてきた!?
さらに驚くべきことに、その花嫁は、殺人容疑をかけられている上、タイムトラベルをしてきたという!
泣きつくヤハリを無下にできないナルホドは、事件現場を調査することに。
そこには、なぜか事件現場に集まってきたおなじみの面々と、事件を知るという人物が現れて‥‥!?

まずは無料でプラス1話遊べると言うことで、カプコン様の企業努力には頭が上がらないですね。ただでさえ逆転裁判6はかなりボリュームのある内容になっておりますので、それに逆転劇場と時を越える逆転まで遊べるとなると、たっぷり遊べる!というのが総合的な印象です。ボリュームが増えるのは単純に嬉しい。

そして、何よりも成歩堂龍一VS御剣怜侍の法廷バトルが見ることができるのが何より嬉しいですね。1話通じて成歩堂と御剣がバトルするというのは久しぶりなので、痺れましたね。ちなみに御剣怜侍は法廷ではメガネを外します。

マヨイちゃんも1話限定で助手として捜査~法廷に加わってくれます。ファンとしてはこれだけで胸が高鳴りますね。

よかったなーって思ったのが御剣が勝利よりも完全に「真実を追求する」というスタンスで裁判をするようになっていたことです。

「逆転のトノサマン」のように、真実追求のためにナルホド君にもパスを回してしまう、ちょっとイイヤツになってたのに、ちょっとうるっときましたね...。

ボリュームとしては、逆転裁判シリーズではトノサマンやタチミ・サーカスくらいのボリュームですかね。最終話ほどのボリュームは(もちろん)ありませんが、十分楽しめると思います!!

数量限定・期間限定なので急げ!

「遊べる!逆転劇場」の方は数量限定で、ダウンロードコンテンツの「時を越える逆転」の方は7月20日までの期間限定となっています(以降は有料)。

無料でここまで追加で遊べるというので、逆転裁判6の評価はさらに上がりましたね!次回作も楽しみにしております。

※画像はすべてカプコン公式サイトより引用