読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016高校野球・千葉】3回戦 流経大柏―八千代東【感想】


スポンサーリンク


千葉の高校野球では3回戦を突破するとベスト32となります。千葉県170チーム分のうち「たったの」32チームということで、3回戦を突破するのは非常に難しいです。

その3回戦が本日7月18日で終了。32チームが出そろいました。

本日はQVCマリンフィールドに足を運び、3回戦3試合を観戦しましたが、その中でも[流経大柏―八千代東]の試合の観戦記を書いていこうと思います。

今年初のQVCマリンフィールド

今年の選手権千葉大会は、3回戦の本日からQVCマリンフィールドを使い始めました。3回戦、4回戦から使用を開始するのはほぼ例年通り(たまに1回戦から使う)ですが、今年は「ガチファン」という、夕方の高校野球番組がプレナ幕張で放送するので、初戦からQVCマリンを使用してもよかったと思います。

諸々の事情があるのは承知ですが、マリンでの試合がないと高校生も「ガチファン」に足が運ばないのかなーと思います。アクセス面でも昨年のモノレール千葉駅の方がよかったですよね...。

番組運営も難しいと感じました。

流経大柏―八千代東

流経大柏は例年力のあるチームです。夏もここ5年間で17勝と、ベスト4には来ないものの、毎年ある程度の成績を残してくるのは流石の一言ですね。

対する八千代東は2009年夏の甲子園出場校です。以降、上位からは遠ざかっていますが、部員数も多く(今年度は71名)、上位を狙える学校の一つではあると思います。

流経大柏が序盤からリード

試合の方ですが、八千代東の先発はイハナチョくん、流経大柏の先発は川崎くん、エース対決です。

初回、流経大柏打線がイハナチョくんの立ち上がりを攻めます。2番の中谷くんがセーフティバントを決めると、3番の永島くんが右中間にタイムリースリーベースを放ちます。永島くん、バッティングもよかったですが、足の速さにも驚きました。三塁打を打った時も、その足の速さに会場はどよめいておりました。

流経大柏の初回攻撃は続き、4番の宮坂くんもタイムリー。流経大柏が初回に2点先制します。

倒れはしましたが流経大柏5番の豊島くんも、レフトポール際にあわやホームランというファールを放ち、会場を沸かせていました。

追加点も流経大柏。3回裏に永島くんがヒットで出塁、盗塁を決めると5番の豊島くんのタイムリーで追加点。3-0と早々とリードします。

流経大柏の川崎くんが躍動

流経大柏先発ピッチャーの川崎くんが素晴らしかったです。身長172センチ体重60キロと身体は大きくないのですが、ストレートの最速は137,8キロ(どっちか忘れた)、球速が非常に安定しておりました。セットポジションでも球速が落ちないということも非常に魅力的でした。

コントロールもよく、120キロ前後のスライダーと110キロくらいのカーブを使い分け、狙い球も絞らせず、ストレート変化球共にボール球を使えていました。

失礼ながら本日まで全く存知上げませんでしたが、その投球には目を奪われましたね。素晴らしかった。

八千代東打線は川崎に6回までノーヒットに抑え込まれてしまいます。

6回の裏の流経大柏の攻撃では、川崎くんが塁に出て、かつチャンスで無得点だったので、7回表がヤマ場になりそうだな...と思い見ていました。すると案の定7回ツーアウトから八千代東の5番・中田くんがレフト前ヒットを放ち、ノーヒットノーランが途絶えます。

8回、流れは八千代東に訪れます。ヒットなどで八千代東満塁のチャンスから、ここまでコントロールよく放っていた川崎くんから押出しで1点をもぎ取ります。しかし、流経大柏はこのピンチを1失点・3者残塁で凌ぎます。ここをよく1点で凌いだなーと思います。下手したらズルズルいってたところであったと思います。

川崎くん、9回は難なく締め、流経大柏が4回戦進出を果たします。

八千代東のイハナチョくんも終わってみれば3失点とよく踏ん張りました。190センチの長身から投げ下ろすボールは打ちにくいと思います。

それにしても、川崎くん素晴らしかったですね。9回になっても球速は衰えなかったのも素晴らしい。今年の千葉県は好投手が多いですが、その一人に数えても全く問題ないレベルの投手であると思います。

流経大柏のこの先を追っていくのが楽しみになるような試合でした。

両校のチャンステーマが熱い

QVCマリンはスタンドが壁に囲まれており、応援の音が響きます。マリンで観戦する際は応援に耳を傾けておりますが、本日は両校のチャンステーマがよかったです。

まずは八千代東。広島カープのチャンステーマを採用しており、カッコよかったです。特に8回表、満塁時のチャンスには応援席のボルテージも最高潮。非常にアツい応援でした。

一方の流経大柏はオリジナル曲の「流経アタック」が聴けました。流経大柏といえば高校サッカーということで、流経大柏の応援はよく高校サッカーで耳にするものですが、サッカーで見たときから「流経アタック」はカッコイイと思っていました。なので今回QVCマリンで流経アタックが聴けて感激でしたね。

あと個人的に思ったのは流経大柏は応援のクオリティが上がったと思います。以前に聴いたのは2年前?だったと思いますが、今年の流経大柏の応援はどれもカッコよく、スタンドも声が出ていました。

素晴らしい投手にカッコイイ応援、流経大柏には今後も注目していきたいと思った次第でございます。