読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016秋競馬】産経賞オールカマーの予想!ゴールドアクターVSマリアライト!

競馬

スポンサーリンク


中央競馬の方も先週より舞台を中山競馬場・阪神競馬場に移し、いわゆる「秋競馬」となり、今週末が3週目です。気温もかなり低くなり、「肌寒い」と感じるくらいになりました。

さて、このブログを通じてこの秋競馬(~有馬記念)まで、重賞レースの予想をしていきたいと思います。本命馬の単勝回収率を集計したいと思います。

先週は単勝にディーマジェスティ、シンハライトを指名し、無事両馬1着となりました。単勝1倍台での1番人気ということで、全く誇れませんね(笑)。今週はゴールドアクターとマリアライト、有馬記念馬と宝塚記念馬の対決です!今週も頑張りたいと思います。

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。IPATと連動して馬券が買えるなど、無料で使え、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。

レースの傾向

産経賞オールカマーは天皇賞のステップレースとなり、中距離の有力馬が多く出走し、GⅡとしては豪華なレースになります。1着馬には天皇賞の優先出走権が与えられます。昨年の優勝馬はショウナンパンドラと、ここで力を見せる馬が秋のGⅠで活躍することが期待されます。

簡単ですが、下に図を掲載しておきます。オールカマーは赤背景・いちばん左です。

データはJRAが提供してくれる「データ分析」を参考にしています。そこから興味深い傾向を有力馬・ゴールドアクターとマリアライトに重ねてピックアップしたいと思います。

人気傾向

基本的に人気馬が期待に応えるレースとなっています。過去10年で単勝1桁オッズの馬が9勝、6.9倍以下で6勝、3.9倍以下で4勝となっています。特に3.9倍以下の馬は勝率33.3%、連対率66.7%、複勝率83.3%と圧倒的な数字を残しています。

このゾーンに入りそうなのがゴールドアクターとマリアライト。要注目であることには間違いなさそうです。

前走・レース別傾向

過去10年で最も勝っているのが前走宝塚記念組で4-3-1-3。次は札幌記念で3-1-2-10。その他のGⅠレースは1-2-1-9となっています。天皇賞春からの勝ち馬はナシ(0-1-0-3)。

マリアライトが宝塚記念、ゴールドアクターは天皇賞からの参戦です。宝塚記念からはマリアライト、カレンミロティック、サトノノブレス、ワンアンドオンリーが参戦。札幌記念からの参戦馬はナシとなっております。

前走・着順別傾向

過去10年で前走1着馬は1-2-1-13。2着馬は1-1-2-15とあまり奮わず。3着が3-0-2-3で最高成績。4・5着も1-4-4-18。6~9着も3-1-1-31と前走で掲示板に載るか載らないかくらいの馬が好走しています。ゴールドアクターは前走12着。マリアライトは1着です。

重賞1番人気馬に注目

「5走前までに重賞で単勝1番人気に支持されたことがある」という馬が過去10年で8回連対しています。昨年は2着のヌーヴォレコルトがこれに該当。これに関してはゴールドアクターとマリアライト、どっちも入っております。

注目馬

ゴールドアクター

鞍上は吉田隼人有馬記念1着馬で日経賞1着馬。日経賞まで5連勝、泣く子も黙るグランプリホースです。日経賞では3キロ差のマリアライトを相手に0.3秒差先着と力を見せます。

天皇賞・春では道中折り合いを欠き、最後は力尽きて12着。大幅な距離短縮がどこまで追い風となるか。前回の大敗からどこまで立て直せるか。昨年のヒーロー馬、今年も黄金に輝くか大注目です。

マリアライト

鞍上は蛯名正義エリザベス女王杯1着馬で宝塚記念1着馬。昨年のエリザベス女王杯では単勝15.2倍からの勝利。有馬記念も12番人気からの4着と、牝馬では圧倒的力を見せつけました。

そして圧巻だったのは今年の宝塚記念。最後の上がりで伸びていき、キタサンブラック・ドゥラメンテをかわしてグランプリホースに輝きます。牝馬と言うことで、今回もGⅠ馬ですが56キロ。ローテーションの利もあるか、大注目の1頭です。

ワンアンドオンリー

鞍上は内田博幸日本ダービー1着馬。悩めるダービー馬といったらコイツです。前走宝塚記念も14着。今年は京都記念で6着、GⅠドバイシーマクラシックで5着と上がり傾向は見せるも、宝塚記念で大コケ。

みんな大好きダービー馬。あの時の輝きを取り戻してほしいものの...。

カレンミロティック

鞍上は柴田大知。天皇賞2着馬。生粋の逃げ馬。天皇賞(春)ではキタサンブラックと逃げ、一度は差し切ったと思うも、キタサンブラックに差し返され2着。13番人気からの好走で天皇賞の馬券を買った人を絶望させるサプライズを見せます。

宝塚記念はハイペースに乗れず11着。鞍上は池添には敵わないと思いつつも、この馬が主導権を握っていけば面白いかなとも思います。

サトノノブレス

鞍上は福永祐一鳴尾記念1着馬。鳴尾記念でレコード勝ちを見せた6歳の復活馬。前目の競馬から最後も伸びを失わないところはかなり強いかと。宝塚記念も2番手からの8着ですが、相手関係から、ここでは好走するか?

予想

本命:⑦マリアライト

対抗:⑥ゴールドアクター

単穴:①サトノノブレス

抑え:②クリールカイザー,⑫カレンミロティック

ゴールドアクターとマリアライト、ここではマリアライトにします!宝塚記念1着からのローテは好材料。ゴールドアクターの力は認めますが、ここは前走の内容とその感覚から、ここをステップとして勝負は次走かな?と思います。

前目から競馬してくれれば面白そうなのはサトノノブレス。カレンミロティックも8歳馬ですがまだまだ走ってもらいたいところです。

先週の予想結果

本命馬の先週の日曜重賞の結果はこんな感じです。

朝日杯セントライト記念:④ディーマジェスティ→1着!

ローズステークス:⑦シンハライト→1着!

みんな1番人気が来たんですね。当てやすいとかそういうレベルではなかったです。秋競馬の重賞はここまで1着馬は1番人気が来ており、当てやすくなっています。今週も当てたいところです。

競馬予想はKLAN(クラン)で!

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。KLANは過去のレースを自分が見たいようにカスタマイズでき、分析が非常にしやすいサービスです。IPATと連動して馬券が買えるなど、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。無料で使えますので、ぜひ!

明日までに日曜日もう一つの重賞、神戸新聞杯の予想をあげます!!