読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016秋競馬】スプリンターズステークスの予想!ビッグアーサー2冠目なるか!


スポンサーリンク


秋競馬も始まり、今週末よりGⅠレースが始まります。決戦の地は中山競馬場、スプリンターズステークスから秋のGⅠ到来となるわけです。

さて、このブログを通じてこの秋競馬(~有馬記念)まで、重賞レースの予想をしていきたいと思います。本命馬の単勝回収率を集計したいと思います。予想してない重賞もありますが、それはごめんなさい...。

先週は単勝にサトノダイヤモンド、マリアライトを指名し、無事にマリアライトは沈みましたね。牝馬はこういうことがあるので信用ならんのです(牡馬もあるけど)。今週は的中といきたいところ。

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。IPATと連動して馬券が買えるなど、無料で使え、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。

レースの傾向

スプリンターズステークスは短距離(1200m)を得意とするサラブレッドの頂点を決めるレースです。前哨戦と言われる重賞レースにはCBC賞(中京1200m)、アイビスサマーダッシュ(新潟1000m)、キーンランドカップ(札幌1200m)、セントウルステークス(阪神1200m)と4種類あります。当然、その4つのレースで活躍した馬が中心になるかと思います。

以下に簡単な一枚絵を作成しましたので、そちらを見ていただくとわかりやすいかと思います。

データはJRAが提供してくれる「データ分析」を参考にしています。そこから興味深い傾向を有力馬に照らし合わせつつ、見ていきたいと思います。

人気傾向

基本的に1着・2着は人気馬が期待に応えるレースとなっています。過去10年で1番人気の成績は4-2-0-4。過去10年で1着、2着には1~3番人気の馬が7頭ずつ入っています。確率70%。ビッグアーサーをはじめとする人気馬に有り難いデータですね。

一方で3着には10年で10頭、つまりすべてが5番人気の馬です。3連複・3連単を狙う際は穴馬も含めて幅広く手を回していく必要がありそうです。

7月以降の出走回数

過去10年で7月以降の出走回数1回の馬が7勝しています。ほとんどの馬がこれに該当しますが、ミッキーアイルに関しては高松宮からのぶっつけです。

かといって、7月以降に3回以上出走している馬の成績も0-2-2-20とよくありません。

前走傾向

前走距離は1200mから買うことが間違いないです。前走1200mだった馬の成績は10-9-9-97と圧倒的です。

その中でもセントウルステークス組が5-5-4-46と一番安定した成績を残しています。また、前走の4コーナーで3番手以内だった馬が6-6-4-23で好成績。明日の中山競馬場は芝が重くなりそうなことも含めて、前から行く馬が買いかと思います。

馬番別傾向

外枠有利のレースです。過去10年で馬番13番~16番の馬が5-3-2-29。1着馬の半分は外から来ています。これはミッキーアイルに美味しく、ビッグアーサーには損なデータですね。

近走1200mで1番人気!

過去5年の1着馬は近走1200m(過去3走以内)で1番人気になっている馬がパーフェクト。ビッグアーサー(セントウルS・高松宮記念1番人気)、シュウジ(キーンランドC1番人気)、ダンスディレクター(シルクロードS1番人気)、ベルカント(北九州記念1番人気)など、流石に近走1番人気は揃っておりますね。

中山競馬場の天気

中山競馬場のある千葉県船橋市、今日土曜日の天気は午前中が雨予報。午後は曇りで、日曜日も降水確率が40%。当日にパンパンの良馬場の可能性はなさそうです。良馬場でも稍重寄りになることが想像できます。稍重が相場、重馬場の可能性もあります。

最後の切れ味勝負は難しそうで、4角で好位で抜け出したいところですね。前から行く馬が有利かと思います。

重賞1番人気馬に注目

「5走前までに重賞で単勝1番人気に支持されたことがある」という馬が過去10年で8回連対しています。昨年は2着のヌーヴォレコルトがこれに該当。これに関してはゴールドアクターとマリアライト、どっちも入っております。

注目馬

今回はGⅠということで、多めに見ていきたいと思います。

ビッグアーサー

鞍上は福永祐一高松宮記念1着馬でセントウルステークス1着馬。高松宮記念は4番手から上がり3Fを33.4で1着、セントウルステークスは逃げての1番手から上がり3F34.5で1着。現状、スプリント界では最強といって間違いないでしょう。

前走は1枠1番からどう出るかと思いましたが、結局前に出して逃げちゃいましたね。予想外でしたが、最後の直線でも勢いは衰えず、トップハンデの58キロでも止まらず、力を見せつけました。今回は斤量が1キロ下がっての57キロ。どう考えても大本命、ただし、スタートで前目に出れないとかなり危ういかも...。

フランボヌール

鞍上は武豊キーンランドカップ1着馬。戸崎からの武豊への乗り替わりってあんまり聞かないですよね。関東関西違いますし。春は桜花賞、NHKマイルとGⅠの夢に散ったこの馬も秋には巻き返しを図りたいところ。

前走のキーンランドカップではシュウジが前をひた走る中、最後の直線でめちゃめちゃ伸びましたね。圧巻でした。そのときは斤量が51キロ、今回は53キロということで、非常に取捨が難しいところです。

ソルヴェイグ

鞍上は田辺裕信函館SS1着馬。期待の3歳牝馬の1角ソルヴェイグ。函館SSではシュウジを下しての1着と言うことで、3歳牝馬ではかなり力のある馬だと思います。

この馬もフランボヌール同様、斤量が心配で函館SSは50キロ、キーンランドカップ(4着)は52キロで今回は53キロ。鞍上強化とはいえ、この馬も取捨選択が難しいですね。

シュウジ

鞍上は川田将雅。キーンランドカップ2着馬で函館SS2着馬。キーンランドカップは逃げて逃げて逃げ切れず。それでもあと1歩というのは力の証明かと思います。朝日杯FS5着、NHKマイル12着から出た結論はスプリント路線。こちらも前走から2キロ斤量が上がりますが上積みはいかに。

好位から競馬ができるのは強みかと。特に中山の馬場が重くなれば注目したい1頭です。

ベルカント

鞍上は蛯名正義アイビスサマーダッシュ1着馬。なぜかミルコ・デムーロから乗り替わっちゃった...。基本的には逃げて粘るスタイル。アイビスSDでのネロとの粘り合いは痺れるものがありました。この馬は北九州記念から斤量が下がるのと、好位から競馬が出来るのが好材料。しかし乗り替わりとは...。

ダンスディレクター

鞍上は浜中俊。シルクロードステークス1着馬。基本後ろ目から勝負する馬ですね。セントウルステークスは7着でしたが、ここでひと叩きしてスプリンターズステークスが本番という感じだと思います。

シルクロードSでビッグアーサーを破った競馬はお見事で、前目からかなり速い上がりを見せましたね。あの競馬が出来ればここも勝てるかと思います。問題はゲート。前回も出遅れてノーチャンスという感じでした。そう考えると奇数番号はマイナス。

しかし、前走の結果を受けて人気が下がるというのなら、非常に狙い目かなと思います。

レッツゴードンキ

鞍上岩田康誠。桜花賞1着馬。岩田康誠とのコンビでGⅠですね。吉田隼人だったらどうしようかと思ってました(すみません)。前走キーンランドカップ、前々走函館SSはともに3着。キーンランドカップ、今回の斤量が共に55キロ。キーンランドカップを制したシュウジが当時53キロ、フランボヌールが51キロで両者ともに2キロ増えることからも斤量的にオイシイのでは?と感じるレッツゴードンキ。

欲を言えば前目から競馬してほしいなあと思うところですが、最近好調の岩田のエスコートは果たして...。

ミッキーアイル

鞍上は松山弘平。NHKマイルカップ1着馬。まさかの高松宮記念以来ぶっつけ本番で臨んできました。春のGⅠレース→秋のGⅠレースのローテーションといえば昨年のモーリス(安田記念→マイルCS)を思い出しますね。そこまで強くないですが。正直、力は認めつつも不安要素しかないですよね...。

前目前目から行くしかない馬だけに、ちゃんとゲートを出て前に飛び出せるかがすべての分かれ目かと思います。その意味では外枠はいいですね。

ネロ

鞍上は内田博幸。セントウルステークス2着でアイビスサマーダッシュも2着。前走も前々走も2番人気で2着。まあそうだよねって感じの成績でここまで来ましたね。アイビスSDは逃げてベルカントと最初から最後まで競りましたが、セントウルステークスでは5番手から最後いい感じに上がっていき2着。

この馬も前目からいきたいと思うと大外は歓迎かと。このレースも外枠有利ですしね。

予想

本命:①ビッグアーサー

対抗:⑯ネロ

単穴:⑦ダンスディレクター

抑え:⑤シュウジ,⑮ミッキーアイル

大本命はビッグアーサー。ハナでもいいし、前目に出れれば問題ないでしょう。このメンバーでは1周力が上かと思います。前走のセントウルステークスから1キロ斤量が下がったのも魅力です。

対抗にはネロ。大外枠もこのレースなら歓迎です。馬場が重くなりやすそうな状況からも前目から競馬ができるネロを対抗に。前走のセントウルステークスもビッグアーサーに次ぐ2番手と内容もよいと思います。

単穴にはダンスディレクター。好位で競馬が出来れば、最後の直線で伸びてワンチャンスありそうな予感です。

抑えにはシュウジとミッキーアイル。シュウジは2キロ増えますが、秋にかけて成長していると期待しています。不安はあれどミッキーアイルを馬券から外す勇気は出ないです。ゲートから上手く出ればという具合です。

さあ、今秋初めてのGⅠ。当たるのでしょうか。

先週の予想結果

本命馬の先週の日曜重賞の結果はこんな感じです。

神戸新聞杯:⑭サトノダイヤモンド→1着!

産経賞オールカマー:⑦マリアライト→5着

サトノダイヤモンドは期待に応えました。菊花賞も楽しみになるレースっぷりでしたね。ディーマジェスティとサトノダイヤモンド、次に来る1頭は現れるのでしょうか。

マリアライトは沈みましたね...。牝馬は突然コケますね。一方で勝ったゴールドアクターは秋のGⅠレースが楽しみになるレースぶりでした。

これで秋競馬通算単勝回収率は約150%。ちょっと外し続けるとマイナス収支になっちゃう感じなのでスプリンターズステークスは当てたいところです。

競馬予想はKLAN(クラン)で!

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。KLANは過去のレースを自分が見たいようにカスタマイズでき、分析が非常にしやすいサービスです。IPATと連動して馬券が買えるなど、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。無料で使えますので、ぜひ!

オススメの一冊!