読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

就活における「強み・弱み」って相対性を考えるものだと思う

就職活動

スポンサーリンク


「あなたの強みは何ですか?」

就職活動、アルバイトの面接で訊かれることがあるかと思います。この質問に対し多くの就活生(学生)は悩んでいるだろうと思います。実際Googleで「就活 強み」と検索すると鬼のように出てきますし、自分も「強みってなんだ!」と思っていました。今も思っています。

そんな中、昨日ランニングをしていたら「強み・弱み」について考えたことがあったので、記事にしてみようと思います。100%主観ですので、お手柔らかにお願いします。

「強い・弱い」って言葉は相対的なもの

そもそも「強い・弱い」って言葉について考えてみたいと思いますが、これらの言葉は相対的な言葉なのです。どういうことかというと、「強い・弱い」を表現するためには比較対象が必要だということです。

例えば、「攻撃力2000」という言葉を聞いて、強いと思いますか?弱いと思いますか?

ポケモンだったらメチャメチャ強い(カンスト)ですし、遊戯王だったらそうでもないし、デュエルマスターズだったら弱いですよね。それは他のポケモンには「攻撃力2000」はいなくて、デュエルマスターズでは攻撃力10000を超えるカードがいっぱいあるからです。同じ遊戯王でも、★の数で攻撃力2000の評価も変わりますよね。

「強い・弱い」を考えるには比較対象(&それを踏まえた環境)を考えなくてはならないのです。そして、これは「強い・弱い」という言葉だけではありません。

身長が165センチと聴いて、高いと思いますか?低いと思いますか? 小学生だったら高いし、女性だったら高いです。逆に高校生男子だったら低いですよね。

「強い・弱い」は相対的な言葉なのです。

「強み・弱み」は自分が所属しているコミュニティを考える

上記のことからわかるように、自分の「強み・弱み」を認識する際にはまず周囲の状況を見るべきなんですよね。自分のことを考えるのに、周囲を考えるという逆説的な話ですが。

周囲の人がみんな持っているスキルなどは強みになりにくいですよね。田舎で秀才と恐れられていた子が東京大学に入ると勉強では目立てなくなるというやつです。

なので現在時点での自分の強みを考える際には

  • 自分が所属するコミュニティはどういう人たちが集まっているのか
  • みんなが持っているスキル、持っていないスキルは何なのか
  • 自分が持っているスキル、持っていないスキルは何なのか
  • みんなが持っていないで、自分が持っているスキルは何なのか
  • みんなは持っているけど、それでも自分が上回れるスキルはあるのか

(便宜上強みにあたりそうなものを「スキル」としています。弱みはこの逆です)

上記のことぐらいは考えておくべきかと思います。もっと要求すれば、上記の事を踏まえて、チームで課題解決やアクションを起こせたなんて経験があればいいですよね。なければ、今から作っても全然OKでしょう。

私強みないんですぅって人は

所属しているコミュニティで「他の人がやっていないこと・できないこと」に挑戦してみるのがよいと思います。キャラクターと一緒で、誰にもないものを持てばいいだけですし、今から作っても遅くはないと思います。

面接における「強み・弱み」とか

面接で訊かれる「強み・弱み」には色んな意味合いがあると思います。個人的には「チームで何かを発揮できる人物か」が重要な要素かと思いますが、それ以外にもあるでしょう。ちなみに、「会社に入っても同じ強みを発揮できるか」というのは、当てはまらないケースが多い点で注意です。

142キロのストレートを投げ、球速で地域ナンバーワンを誇る高校生も、プロ野球選手になると球速で誇れることはなくなりますよね。強みを回答する際にはスタンスも意識すべきで「どこでも私はこれが強いです!ドヤ!」的な態度には少々、気をつけたほうがいいです。既に強みがプロフェッショナルの域に達している(単体で稼げる)場合は別ですが。

逆に他の就活生(同じ会社を受ける大学生の多数)と比較して、「これは誇れる」「これは自分ぐらいだろう」という特性や経験があれば是非ともアピールすべきでしょう(自分はこれを攻めていった)。

複数のコミュニティでも立ち位置が同じ(常にリーダー)なんてケースも言えますよね。別のコミュニティでも再現性が高いですので。

バイト先ならともかく、就活であればOB訪問などである程度働いている人がどんな感じかイメージできるので、参考にしてもよいでしょう。

まとめ

「強み・弱み」を分析することって、実際に強み・弱みが何で、それを会社で活かせるかということよりも、周囲と自分をきちんと分析できるか、そのうえで課題解決に取り組めるか、といったことが重要じゃないのかな、と思います。

だってポケモンのパーティーをいくらカイリューが強いからといって、全部カイリューにする人はいないじゃないですか。

というわけで、思ったことはこのへんでおしまい。ではでは。