あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016秋競馬】秋華賞の枠順と予想!3強最後の砦ジュエラーが意地を見せるか?


スポンサーリンク


秋競馬も今週からクラシックです。まずは桜花賞、オークスに続く牝馬クラシックの3冠目、秋華賞です。メジャーエンブレムもシンハライトもチェッキーノもいませんが、盛り上がっていきたいと思います。

さて、このブログを通じてこの秋競馬(~有馬記念)まで、重賞レースの予想をしていきたいと思います。本命馬の単勝回収率を集計したいと思います。予想してない重賞もありますが、それはごめんなさい...。

先週の毎日王冠ではルージュバック、京都大賞典ではキタサンブラックが勝ちました。ステファノス・サウンズオブアースといった対抗馬が沈んだために、馬券的には残念な感じになってしまいました。

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。IPATと連動して馬券が買えるなど、無料で使え、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。

枠順(全頭55キロ)

1枠1番:エンジェルフェイス:浜中俊
1枠2番:ジュエラー:M.デムーロ
2枠3番:パールコード:川田将雅
2枠4番:パーシーズベスト:C.ルメール
3枠5番:レッドアヴァンセ:武豊
3枠6番:ゲッカコウ:和田竜二
4枠7番:ヴィブロス:福永祐一
4枠8番:デンコウアンジュ:内田博幸
5枠9番:クロコスミア:小牧太
5枠10番:ビッシュ:戸崎圭太
6枠11番:フロンテアクイーン:蛯名正義
6枠12番:ウィンファビラス:松岡正海
7枠13番:ワンダーピルエット:小牧太
7枠14番:エミノサクシード:川島信二
7枠15番:カイザーバル:四位洋文
8枠16番:ダイワドレッサー:川須栄彦
8枠17番:ネオヴェルサンディ:松山弘平
8枠18番:キンショーユキヒメ:松若風馬

 有力馬(というより有力騎手)は内枠ばかりですね。ジュエラーって外枠の馬じゃ...と思っていたのですが、鞍上のM.デムーロによれば、「京都の内回りは内枠の方がよい」とのことなので、ジュエラー的にはこれでよかったのですかね...?

レースの傾向

秋華賞のトライアルレースは紫苑ステークスとローズステークスになっています。昨年の覇者ミッキークイーンはローズステークスで2着、昨年2着のクイーンズリングはローズステークスで5着となっております。ちなみにローズステークス覇者のシンハライトは故障のため出走取消になってしまいました。一昨年の覇者ショウナンパンドラは新潟時代の紫苑ステークスから来ています。

以下に簡単な一枚絵を作成しましたので、そちらを見ていただくとわかりやすいかと思います。

メジャーエンブレム・ジュエラー・シンハライトで3強というムードの中で今年の牝馬クラシックが流れていっただけに、ちょっと寂しい感じもしますね。そのジュエラーを「1強」と見るかも、微妙なところです。

データはJRAが提供してくれる「データ分析」・スポーツナビを参考にしています。そこから興味深い傾向を有力馬に照らし合わせつつ、見ていきたいと思います。

前走傾向

まずは前走の条件から。過去10年で前走ローズS組が7-8-4-61と他レースを圧倒しています。中でもローズS1~4番人気が7-4-2-24、ローズS1~4着馬が6-7-3-23なので、ここから攻めるのが一番確率が高いかと。

前走5着以内だった馬は9-10-7-80、前走6着以内の馬は1-0-3-69。前走6着以下でそのレースがJRA・芝・良馬場だった場合は0-0-0-53と馬券に絡むことはナシ。ということから紫苑S6着以下の馬は切ることができるかと。

前走が東京競馬場だった馬の成績は1-0-0-13、前走が中山競馬場だった馬の成績は0-0-0-40ということからも、ローズS組から組み立てるべきでしょう。ビッシュは関東からの輸送に不安があるだけにこのデータも向かい風になってしまいますね。

前走1番人気だった馬は7-1-5-22、前走2~4番人気だった馬は3-4-2-53と順当に行くならば前走で人気を集めている馬から買うことにもなるでしょう。

実績

過去10年でのJRA重賞勝ち馬の成績は8-5-4-47、実績上位場から買うのが堅いかと。

そして京都競馬場または阪神競馬場のレースでの連対経験のある馬の成績が9-9-9-90、ない馬はと圧倒的に関西馬有利のレースになっています。

前走の末脚

過去4年、前走の上がり3Fのタイムが3位以内だった成績の馬は4-3-3-15、4位以下だった馬は0-1-1-44と前者が後者を圧倒しています。

紫苑Sの上がり3F最速からビッシュ、ヴィブロス、パーシーズベスト。ローズSの上がり3F最速からシンハライト、カイザーバル、デンコウアンジュとなっています。「常に上がり最速」だったジュエラーは前走では全然伸びをみせませんでしたね。

京都競馬場の天気

京都市の天気は金曜、土曜と晴れが続き、日曜は曇り時々晴れの予報です。降水確率も10~20%と低いため、雨が降る可能性も低く、良馬場の可能性が高いですね。

ジュエラーにとってもビッシュにとっても、これはよい条件になるのではと思います。

注目馬

ジュエラー

鞍上はM.デムーロ桜花賞1着馬。前走のローズSでは場体重+10キロでついに500キロを超える馬体に。メジャーエンブレム同様、牡馬のような馬体です。

桜花賞まではすべてのレースで上がり最速、着差なしの接線を演じ続けてきたシンハライトとローズSで激突しますが前目の競馬が合わなかったのか、重馬場が合わなかったのか、休み明けが響いたのかまさかの11着。

しかし鞍上は今年のGⅠで3勝と鬼のようにGⅠに強いM.デムーロ。デムーロ曰く、「内枠が良い」とのことで、京都内回りは前目にレースを運びたかったとのことでローズSはあの位置からの競馬。

調教のタイムがめちゃめちゃ良いことが吉と出るのか否か、しかし調教でいいタイムが残せているあたり、骨折のダメージはなさそうなので一安心しました。

あの鬼のような末脚を見せられるのか、注目点は多いですが信頼するには不安要素も多い一頭です。

ヴィブロス

鞍上は福永祐一。チューリップ賞とフラワーCに惨敗し、春のクラシックからは退場を余儀なくされた一頭。しかし前走の紫苑Sで2着に入り、最後のクラシックへの挑戦権を得ました。前走は致命的な不利があるも、後方から2着まで持ってくる激走っぷり。姉にヴィルシーナ、兄にシュヴァルグランを持ち、血統的には来てもおかしくない感じですが...。

レッドアヴァンセ

鞍上は武豊。前走の紫苑Sは後方から脚を見せ、4着。桜花賞もオークスも7着と、この中ではまあまあの成績を残しており、春のクラシック上位馬がいないことを考えると、ここでは結果を出すチャンスに思えます。

京都の成績も3戦2勝2着1回とのことなので、ここでの活躍が見込まれます。

ビッシュ

鞍上は戸崎圭太。オークス3着馬で紫苑S1着馬。オークスで頭角を現し、紫苑Sは1番人気で余裕の1着。ここでも好走が期待されます。もしかしたら1番人気になるかもしれない馬です。

調教・ステップ・実績を見て不安要素が少ないのですが、唯一挙げれば馬体重の軽さ。関西へは初輸送ということで、もともと420キロくらいしかない馬体重だけに、減少するようなことがあれば...と思います。

ローテーション的に分が悪い紫苑S組の星ですが、果たして...。

フロンテアクイーン

鞍上は蛯名正義。紫苑S3着馬。オークス6着馬と、この中では実績も上位に挙がる馬です。クイーンC2着、フローラS4着と、重賞では安定して走っているので、ここでも好走を期待したいところです。

紫苑S組というのと、関西輸送が悩むポイントですかね。

予想

本命:②ジュエラー

対抗:⑩ビッシュ

単穴:⑤レッドアヴァンセ

抑え:15カイザーバル,⑧デンコウアンジュ

ローズS組を中心にいきます。有力馬は紫苑S組に多い印象ですが、関東馬が苦戦している傾向、牝馬3歳での輸送リスクを考慮してです。

本命はジュエラー。外枠がいいんじゃないかと思ってましたが、鞍上のデムーロは是非内枠でとのことでしたので、デムーロのコメントを信じたいと思います。調教の様子からいっても怪我からは復調していると見ています。前走をひと叩き、好位からあの鬼のような末脚が見られることを祈っています。

対抗にはビッシュ。ジュエラーよりは安定するんじゃないかと思います。10回やったらビッシュの方が3着以内に入る回数は多いかと。能力、実績は十分だと思いますが、長距離輸送と華奢な身体、多頭数であることを考えると全開で行くにはちょいと不安が残ります。まあ、ジュエラーも十分不安なのでビッシュからも買うかもしれないです。

単穴にはレッドアヴァンセ。春のクラシックでもそこそこでしたし、掲示板に入るまでは最低ラインとしてクリアするかなと思います。紫苑S組は基本的に割引査定をしていますが、紫苑Sで見せた脚は悪くなかったので。

抑えにはカイザーバルとデンコウアンジュ、ローズS組を回します。輸送リスクがない分、安定して走ると思います。カイザーバルは紫苑Sのような走りを期待します。デンコウアンジュはオークスも前にシンハライトが来なかったらもっといい順位だったと思うので期待します。

クロコスミアは前走は展開に恵まれすぎたかなと。人気がしなければ穴に一考ですが、思ったよりも人気しそうなので消します。

先週の予想結果

本命馬の先週の日曜月曜重賞の結果はこんな感じです。

毎日王冠:⑦アンビシャス→2着

京都大賞典:①キタサンブラック→1着!

アンビシャスは負けはしたものの、天皇賞には期待が持てる感じかなと思います。しかしルメールがラブリーデイに乗るみたいですね。果たしてどうなることやら。僕はラブリーデイ推しなので全然問題ないですが。

キタサンブラックがここを勝つには仕事が楽すぎましたね。58キロもなんのその、休み明けもなんのそのの勝利でした。ジャパンカップも軸で行きたいですね。

1勝1敗。ま、トータルで見たら先週はマイナスなんですけどね…汗

競馬予想はKLAN(クラン)で!

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。KLANは過去のレースを自分が見たいようにカスタマイズでき、分析が非常にしやすいサービスです。IPATと連動して馬券が買えるなど、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。無料で使えますので、ぜひ!

オススメの一冊!