読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016秋競馬】武蔵野ステークスの枠順と予想!モーニンはハンデ59キロ!

競馬

スポンサーリンク


今週はエリザベス女王杯、牝馬日本一決定戦です。その前に明日はダート重賞の武蔵野ステークスがありますので、がんばっていきましょう。

さて、このブログを通じてこの秋競馬(~有馬記念)まで、重賞レースの予想をしていきたいと思います。本命馬の単勝回収率を集計したいと思います。予想してない重賞もありますが、それはごめんなさい。

先週のアルゼンチン共和国杯ではシュヴァルグランが、みやこステークスではアポロケンタッキーが勝ちました。シュヴァルグランは当てたものの、アポロケンタッキーは予想していませんでした、残念。

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(ID:59691)。毎週じゃありませんがちょいちょい公開しています。IPATと連動して馬券が買えるなど、無料で使え、競馬予想に役立つツール満載のサービスですので是非ご活用ください。

枠順

1枠1番:ワイドバッハ:蛯名正義・56キロ
1枠2番:ロンドンタウン:松岡正海・55キロ
2枠3番:カフジテイク:津村明秀・56キロ
2枠4番:ブラゾンドゥリス:石川裕紀人・56キロ
3枠5番:メイショウスミトモ:和田竜二・56キロ
3枠6番:ブライトライン:石橋脩・56キロ
4枠7番:ノボバカラ:R.ムーア・57キロ
4枠8番:ゴールドドリーム:M.デムーロ・56キロ
5枠9番:モーニン:戸崎圭太・59キロ
5枠10番:ドリームキラリ:黛弘人・56キロ
6枠11番:タガノトネール:田辺裕信・56キロ
6枠12番:ソルティコメント:内田博幸・56キロ
7枠13番:キングズガード:横山典弘・56キロ
7枠14番:スズカセクレターボ:北村宏司・56キロ
8枠15番:ジュベルムーサ:柴山雄一・56キロ
8枠16番:ディーズプラネット:勝浦正樹・53キロ

レースの傾向

先週に京都競馬場で行われたみやこステークスと並び、12月4日に京都競馬場で開催されるチャンピオンズカップの前哨戦となっています。1着馬にはチャンピオンズの優先出走権が与えられます。

以下に簡単な一枚絵を作成しましたので、そちらを見ていただくとわかりやすいかと思います。

昨年のダート覇者のモーニンが出走します。

データはJRAが提供してくれる「データ分析」と「KLAN」の傾向機能で見れるデータを参考にしています。そこから興味深い傾向を有力馬に照らし合わせつつ、見ていきたいと思います。

枠番

過去10年で複勝率が一番高いのは6枠で30%。単勝に関しては2枠、3枠、4枠、6枠、8枠が2勝ずつで分け合っています。気になるのは5枠が複勝率5%とかなり数字が悪いことです。

単勝回収率が一番高いのは4枠、複勝率回収率が高いのは2枠と3枠になっています。

人気

1番人気は過去10年で2勝、連対率50%で複勝率70%です。

2番人気は2勝していますが、残り8頭は4着以下です。4番人気が連対率40%、5番人気が2勝、6番人気が複勝率40%となっています。

単勝3倍以下の馬で勝ち馬はないです。オッズ3~3.9倍の馬は勝率50%、連対率66.7%と安定しています。注目はオッズ10倍~14.9倍で2勝、複勝率が45%となっています。

年齢

過去10年で複勝率が最も高いのは3歳馬で30.8%、次点は5歳馬で23.8%となっています。勝率が高いのは3歳馬、5歳馬の順番でそれぞれ15.4%、11.9%となっています。

6歳以上の馬は勝ち馬がおらず割引が必要で、特に7歳以上の馬で3着以内に入った馬はいません。

前走人気

過去10年で前走4番人気以内の馬が10-10-6-65と5番人気以下を圧倒しています。5番人気以下は複勝率6.3%なので、前走で人気だった馬からいくことですね。

注目馬

カフジテイク

鞍上は津村明秀。前走はグリーンチャンネルカップ1着。上がり3Fを34秒台で走れるダートでは特筆すべき末脚を持っています。

1600mが初めてというのが少々不安ですが、前走の様子からは200m伸びても大丈夫そうです。問題は相手のレベルが大きく上がるところ。

メイショウスミトモ

鞍上は和田竜二。前走ラジオ日本賞1着。前走ではハンデはあったもののケイティブレイブとロワジャルダンを破る走りを見せました。

今回大きなハンデを持っているのはモーニンですが、ロワジャルダンがみやこステークスで3着に入っていることを考えれば、ここでも複勝圏内は期待できるかもしれません。

ノボバカラ

鞍上はR.ムーアプロキオンステークス1着馬。前走の東京盃は不良馬場が響いたのか2着ですがプロキオンステークスは1番人気に応えて1着でした。

そんなノボバカラに乗るのが世界のライアン・ムーア。ムーアの剛腕はダートではどうなのか、まだ測りかねますが期待してよいかと思います。

ゴールドドリーム

鞍上はM.デムーロユニコーンステークス1着馬でジャパンダート3着馬。名前がカッコイイですよね。これまで川田がずっと乗っていましたが、このレースはM.デムーロにチェンジ。

東京のダートマイルはユニコーンステークスで走っているし。ジャパンダートダービーの2000mはちょいと距離が長かったのかと考えれば、まあ納得もできそうでs。デムーロの手綱に期待しましょう。

モーニン

鞍上は戸崎圭太今年のフェブラリーステークス1着馬。現状、ダート最強馬の称号を持っていますが、それ以降2走は1着になれずという具合です。

今回はフェブラリーステークスと同じ舞台の東京マイルでの参戦ですが、いくぶんハンデが59キロと厳しい戦いを強いられています。鞍上もデムーロの方がいいと思うのですが果たして...。

予想

本命:⑧ゴールドドリーム

対抗:⑪ノボバカラ

単穴:③カフジテイク

抑え:⑤メイショウスミトモ、⑨モーニン

斤量と枠順を見て、モーニンは押さえ止まりでいきます。

本命はゴールドドリーム。東京の1600mはヒヤシンスステークスとユニコーンステークスで制しています。前目の競馬をしつつも、最後の直線でもいい脚を使っているのでかなりの力があると思います。休養明けと言うことで馬体重が気になりますが、伸び盛りの3歳馬ということで成長分に期待しましょう。

対抗にはノボバカラ。世界の剛腕R.ムーアに期待したいところです。前走は体重が重かったと判断し、ノーカウントにします。今回も馬体重には注目医s手置きたいところです。

単穴にはカフジテイク。ダートの上がり3Fを34秒台で駆け抜けることができるのは、本当に鬼のような脚だと思います。東京競馬場でも勝っていますし、この勢いを保って重賞でも好走してほしいと思います。

抑えにはメイショウスミトモとモーニン。メイショウスミトモはここ2走で1着と勢いがあります。モーニンは実力はトップクラスですが、ハンデが重すぎると思いますし、この枠の最高着順は過去10年で3着というのを考えると抑えまでかと思います。

先週の結果

本命馬の先週の土曜日曜重賞の結果はこんな感じです。

アルゼンチン共和国杯:⑪シュヴァルグラン→1着!

みやこステークス:⑥グレッツェンド→2着

シュヴァルグランは期待通りの強さでしたね。ルメールが絶好調だったために1番人気はモンドインテロになっておりましたが、シュヴァルグランとアルバートの実績順になりましたね。ヴォルシェーブが3着と大魔神・佐々木オーナー所有馬が1・3着とやってくれましたね。素晴らしいです。

みやこステークスは2番人気のアスカノロマンが飛びましたね。アポロケンタッキーの鞍上・松若風馬は単勝回収率が100%を超えるんですって、へー。

競馬予想はKLAN(クラン)で!

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。KLANは過去のレースを自分が見たいようにカスタマイズでき、分析が非常にしやすいサービスです。IPATと連動して馬券が買えるなど、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。無料で使えますので、ぜひ!

KLANはこんな感じ(下)でデータも見れますよ~!

オススメの一冊!