読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

私はアレキサンドロスになりたい【Alexandros We Come In Peace 横浜アリーナ】の感想


スポンサーリンク


アレキサンドロスのライブに初めて行ってきた

どうも。横浜アリーナに初めて[Alexandros]のライブに行ってきました。いわゆる「邦ロック」やロックバンドのライブはガールズバンドの「ねごと」以来で、しかも学園祭ライブだったので、実質はじめてに近いもんですね。機会があって友人とライブに行くことになりましたが、とても楽しかったです。

いやー、迫力がすごかったです。

ネタバレしない程度に感想を書きたいと思います。

アレキサンドロスの曲

アレキサンドロスについては正直そこまで詳しくはないのですが、「曲がカッコイイバンド」だなあという印象でいました。フェスでもいいからチャンスがあればライブにも行ってみたいと思ったいたので、今回行くことができてよかったですね。

非常に言語化がしにくいのですが、アレキサンドロスの曲は「期待するところに音が来る」から聴いてて非常に心地よいのです。人気曲「ワタリドリ」なんかは様子を一番感じることができると思います。来てほしいところにメロディーが来る感じ!


[Alexandros] - ワタリドリ (MV)

ちなみに最近、EXIST!というアルバムも出ました。テレビなどのタイアップも多く、アレキサンドロス好きな方はもちろん、ロックバンド初心者でも入りやすいポップめな印象が持てるので、初めての人にもオススメできると思います。

We Come In Peace @横浜アリーナの感想

カッコイイ曲がアリーナ中に鳴り響き、あっという間の2時間でした。ダーッと曲が流れていって、あっという間に終わりました。びっくりした、引き込まれてた。

意外だったのはMCは少なめなんですね。いつも行くのがmiwaとか大原櫻子とかアイドルとかなので、そこは意外に感じました。でもライブのコアは「曲」そのものですから。それでいいと思いますし、実際かなりの満足度でした。曲がずーっと続くあの感じの引き込まれる感じと多幸感と中毒性は凄まじかったです。

ただ、僕の一番好きな曲になったとたん大声で歌い出した隣のメガネのお前だけは許さないぞ。

横浜アリーナのスタンド席で、ステージからは遠かったのですが音も大きく会場が熱く一体になっていました。背景の映像も、照明もレーザービームもすべてがカッコよく、「みんなの好きなカッコよさ」が徹底的に再現されている印象を持ちました。

(撮影OKのタイミングで撮りました)

少々愉快だったのがファンもカッコよさを追求している印象があったことです。ライブ中もカッコ悪い振舞いはしないし、「[Alexandros]が好きである」ということが一種の「カッコイイ自分」のブランディングにもなっているのかな、なんてことを感じました。 

「[Alexandros]が好き」ということは「カッコイイ服を着る」「高級外車に乗る」に近いようなブランドになりつつあるなと思いましたね。もしかしたら、Alexandrosが好きな自分がカッコイイと思っている人もいると思います。...ハイ、自分です。 

私はアレキサンドロスになりたい 

超カッコよかったです。私も来世はアレキサンドロスになりたいと思ったので、現世で徳を積んでおくことにします。毎日ゴミ拾いしますね。

男性も女性も、あれだけの若者を盛り上げ、 熱狂させるアレキサンドロスがちょっとうらやましかったですね。どこであれだけの差が広まったんだろ...と思ったら僕は音痴でしたね。ノーチャンス。

最後にまとめ。初心者の僕でも「また行きたい!」ってなったので、気になる人はライブに行ってみることをオススメします!全席指定のコンサートホールなら、余計な気を使わず、見やすいのでロックバンド初心者でも楽しめると思います。

今日はこのへんで。ではでは。