読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべらじ!

大学生が運営するブログ。

MENU

【2016秋競馬】マイルチャンピオンシップの枠順と予想!

競馬

スポンサーリンク


今週はマイルチャンピオンシップ、来週はジャパンカップですね。もう早いものです。あれだけあったGⅠ群も光の速さで消化していきましたね。びっくりです。

さて、このブログを通じてこの秋競馬(~有馬記念)まで、重賞レースの予想をしていきたいと思います。本命馬の単勝回収率を集計したいと思います。予想してない重賞もありますが、それはごめんなさい。

先週の武蔵野ステークスはタガノトネールがレコード勝ちで勝利、エリザベス女王杯はクイーンズリングが勝ちましたね。クイーンズリングは対抗にしましたが、好きな馬でしたので嬉しく思います。

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(ID:59691)。毎週じゃありませんがちょいちょい公開しています。IPATと連動して馬券が買えるなど、無料で使え、競馬予想に役立つツール満載のサービスですので是非ご活用ください。

枠順

1枠1番:ディサイファ:武豊・57キロ
1枠2番:サトノアラジン:川田将雅・57キロ
2枠3番:スノードラゴン:大野拓弥・57キロ
2枠4番:ロードクエスト:池添謙一・56キロ
3枠5番:ヤングマンパワー:M.バルサローナ・57キロ
3枠6番:ダノンシャーク:松山弘平・57キロ
4枠7番:フィエロ:戸崎圭太・57キロ
4枠8番:イスラボニータ:C.ルメール・57キロ
5枠9番:サトノルパン:M.デムーロ・57キロ
5枠10番:マジックタイム:A.シュタルケ・55キロ
6枠11番:テイエムタイホー:幸英明・57キロ
6枠12番:ウインプリメーラ:A.アッゼニ・55キロ
7枠13番:ダコール:小牧太・57キロ
7枠14番:クラレント:岩田康誠・57キロ
7枠15番:ネオリアリズム:R.ムーア・57キロ
8枠16番:ミッキーアイル:浜中俊・57キロ
8枠17番:ガリバルディ:福永祐一・57キロ
8枠18番:サンライズメジャー:四位洋文・57キロ

3歳馬GⅡ勝ちのロードクエストは56キロ、牝馬のマジックタイムとウインプリメーラは55キロ。それ以外は57キロでの出走になります。

レースの傾向

秋のマイル日本一決定戦です。春のマイル日本一のロゴタイプ、2着のモーリスは天皇賞に出走し、そのまま(香港も)ということで、王者不在でのマイル王決定戦になります。最近は1600m~2000mまではごっちゃんになってて中距離路線もマイルに来るし、その逆もあってという感じですね。

前哨戦からの流れは1枚絵にしましたのでどうぞ。

データはJRAが提供してくれる「データ分析」と「KLAN」の傾向機能で見れるデータを参考にしています。そこから興味深い傾向を有力馬に照らし合わせつつ、見ていきたいと思います。データの数字は基本的に過去10年のものです。

前走の着順

前走1着馬の成績は5-4-4-19と非常に安定しています。前走1着馬は10年で5勝。軸にするに申し分ない成績です。しかし2着~5着馬では1勝のみで、6~9着馬の方が4勝で成績がよくなっています。4着、5着がよろしくなく、0-0-2-25となっています。前走1着―前走敗戦馬の組み合わせがオッズ的にもよさそうですね。

ちなみに前走の成績がよい順に天皇賞秋、富士ステークス、スワンステークスになっています。以下団子状態で加えて府中牝馬、京都大賞典、安田記念で勝ち馬は終わりとなります。

枠順

複勝率が高いのは4枠で過去10年で7頭輩出しています。それに続くのは7枠の6頭、8枠の4頭です。外枠が有利目ですが、内枠は極端に不利ということはないです。

人気

1番人気は過去10年で3勝、連対率60%、複勝率80%と安定した成績を残しています。複勝回収率もプラスになっています。

2番人気、3番人気は微妙で2番人気は1着~3着が1回ずつ。注目は4番人気で3勝をあげており連対率40%、複勝率50%となっています。

単勝3倍以下の馬は3頭オール連対で2勝2着1回、3.9倍以下の馬に拡大してもすべて3着以内になっています。しかし、これが4~6.9倍になると2-4-0-14と率は悪くなりますが、1,2着馬を輩出しており、ここのラインの取捨選択が極めて難しいでしょう。

10倍以下の馬も3勝、3着2回しており人気薄からも来ることから予想の難しいレースであることには間違いないです。

年齢

4歳馬、5歳馬で複勝30頭のうち24頭を占めています。意外にも3歳馬で複勝圏内に来たのは1回のみ。複勝率トップは4歳馬で32.4%となっています。

京都競馬場の天気

京都競馬場が位置する京都市の天気は土曜日が雨時々曇り、日曜日は曇り時々晴れとなっています。週末の気温は20度まで上がるとのことですが、明日の雨脚がとうなるか分かりませんので、注意が必要だと思います。

注目馬

サトノアラジン

鞍上は川田将雅スワンステークス1着馬で京王杯SC1着馬。上がり3Fを確実に33秒台で駆け上がってくる豪脚の持ち主です。前走のスワンステークスも1馬身差の解消で、休み明けのバリバリでしたね。2走目の成績も3-0-1-1と非常によいです。「サトノ」のオーナーの里見さんもサトノダイヤモンドでGⅠ未勝利の呪縛を解き払いましたし、この勢いで制するんでしょうか。

問題は内枠であること。ここ最近は中枠~外枠が多く、内枠は昨年のエプソムCまで遡るわけですが、エプソムCでは4番手から2着なんですね。いつものサトノアラジンのパターンとは異なるわけです。好位からの競馬を進めることは難しいので、恐らく後方待機の大外ブン回しになるでしょう。そう考えると若干の不安もありますが、実績実力は最上位クラスでしょう。

ロードクエスト

鞍上は池添謙一。京成杯AH1着馬。京成杯AHでは古馬相手に快走を見せました。そして1番人気を背負った富士Sでは位置が後ろ過ぎての9着とぼろ負け。アンカツさんもこの馬も厳しい口調でしたね。関西への輸送も初で、不安だらけですが、富士Sでは上がり2番目のタイムを記録しているし、実力と調子は悪くないと思います。忘れたころに来る池添さん。ここはどうでしょう。

ヤングマンパワー

鞍上はM.バルサローナ富士ステークス1着馬で関屋記念1着馬。バルサローナって誰wwwという感じですが、まさかの25歳。その若さで英国ダービーもいドバイも制しているまさかの凄腕ジョッキーで若手のホープ。そしてまさかのヤングマンパワー騎乗でびっくり。ちなみに先週日曜の京都は最後の3レースすべて複勝に持ってきているので調子は上げてきています。土日の騎乗には大注目です。ヤングマンパワー自体も上がり馬の4歳馬ですので、非常に期待が持てると思います。

イスラボニータ

鞍上はC.ルメール。富士ステークス2着馬。昨年のマイルチャンピオンシップ3着馬。2年前の皐月賞馬も地味な感じですが、ここではチャンスが巡ってきたと思います。鞍上もルメールに変わって前走も休み明けですがそこそこ走っていました。京都は1回だけですが走っていますしパンチは足りないけど上位ではあります。

サトノルパン

鞍上はM.デムーロ。スワンステークス2着馬。じゃない方のサトノですがスワンステークスで2着に来ました。しかし主戦がここまでスプリントで結果が出ず、1400mのスワンSでいい感じだったと考えると、距離延長はプラスに働くかもしれません。

そしてデムーロ....。

マジックタイム

鞍上はA.シュタルケ。府中牝馬ステークス2着馬。関屋記念でも3着に入ってたし、シュタルケとのコンビではダービー卿CTで1着になっていますし、京都でもエリザベス女王杯を制したクイーンズリングとタイム差なしの2着ですし、結構いいんじゃないかと思います。

個人的に好きな馬のひとつですので、牝馬の55キロを活かしてほしいと思います。

ネオリアリズム

鞍上はR.ムーア札幌記念1着馬。天皇賞馬モーリスを破った馬です。今年モーリスを破ったのはロゴタイプとコイツしかいないです。休み明けとはいえ、鞍上はR.ムーア、非常に不気味です。

1600mの経験も浅く、京都での経験もありませんのであまり厚めに買えませんが、不気味ですよねえ。

ミッキーアイル

鞍上は浜中俊。高松宮記念2着馬でスプリンターズステークス2着馬。ここに出るんかい!というのが正直なところで、意外でした。1400m以下の成績は1ミリも問題がないのですが、1600mは昨年の安田記念で大敗しておりマイルCSも一昨年に大敗しているので適性はスプリントでしょう。今回は切ります。

予想

本命:②サトノアラジン

対抗:⑤ヤングマンパワー

単穴:⑮ネオリアリズム

抑え:⑧イスラボニータ、⑨サトノルパン、⑩マジックタイム

4歳馬と5歳馬、前走1着馬から選んでいきました。

本命にはサトノアラジン。うまく後方待機して最後の直線では外からスムーズに上がってこれたらと願っています。安田記念も出走馬では最上位ですし、脂が乗り切った5歳馬、いちばんいい時期だと確信しております。川田が上手く騎乗できれば、という話でしょう。

ほぼ同じくらい推しているのはヤングマンパワー。バルサローナがテン乗りなのが少々心配なのですが、馬の調子がいちばんいいのはコイツかと。バルサローナも先週の最後はよかったので今週も乗れてるといいなあ。

単穴にはネオリアリズム。モーリスを破っているのが気になります。なんだかんだモーリスも天皇賞制しちゃいましたし。ここもムーアが一発見せるかもと思い、単穴に指名します。

抑えにはイスラボニータとサトノルパンとマジックタイム。最近の調子のよい馬から抑えておきます。

気づけば殆ど外国人ジョッキーになりましたが、最近のGⅠの結果を見たら仕方ないですね。

先週の結果

本命馬の先週の土曜日曜重賞の結果はこんな感じです。

武蔵野ステークス:⑧ゴールドドリーム→2着

エリザベス女王杯:②マリアライト→6着

先週は難しかったですねえ。タガノトネールのレコード勝ちなんて一切予想できなかったですね。フェブラリーステークスのモーニンのタイムよりよかったんですかな?カフジテイクは期待の3着!!カフジテイク強いですね、出遅れてあそこまで上がってくるのは。

マリアライトは思いっきり不利がありましたね。結局デムーロ。クイーンズリングは上がり3F33.2って2200mのタイムじゃないですよね、異常です。2着のシングウィズジョイも3番手から33.7出したらそりゃあ2着に来ます。そして、またデムーロとルメールですね...。

競馬予想はKLAN(クラン)で!

この予想の模様はKLANという予想サービスでも公開しております(名前はあべたん)。KLANは過去のレースを自分が見たいようにカスタマイズでき、分析が非常にしやすいサービスです。IPATと連動して馬券が買えるなど、競馬予想に役立つサービスですので是非ご活用ください。無料で使えますので、ぜひ!

KLANはこんな感じ(下)でデータも見れますよ~!

オススメの一冊!