すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

でんぱ組.inc「幕神アリーナツアー武道館公演」の感想レポート!


スポンサーリンク


みなさんこんにちは。

1月20日はでんぱ組.inc「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017 電波良好Wi-Fi完備!」の追加公演が武道館がありました。でんぱ組としては2014年5月以来の武道館ということでドキドキしましたね!

ここでは、その感想を全力で書きたいと思います!

セットリスト

1. W.W.D
2.ちゅるりちゅるりら
3.君も絶対に降参しないで進まなくちゃ
4.最Ψ最好調!
5.サクラあっぱれーしょん
6.くちづけキボンヌ
7.キラキラチューン
8.Dear☆Stageへようこそ
9.でんでんぱっしょん
10.でんんぱれーどJAPAN
11.W.W.D Ⅱ
12.WWDBEST
――Encore――
13.ORANGE  RIUM
14.破!to the Future
15.Future Diver 

ちょっと曲は少なかったですね。幕神アリーナツアー、幕張メッセのときはメドレー込みで30曲以上あったので、曲に関してだけを言えば物足りなさはありましたね。

セットリストに対する感想としては「ガッツリ古参向け(もっと言えば最初の武道館に来たヲタ)に向けて作った」ということです。殆どの楽曲がWWDD以前ですし、最初の武道館の頃に歌った曲がかなり多いですね。最近では知名度の高い「おつかれサマー」がないことからも、「でんぱ組のライブに初めて来た人」に向けたセットリストじゃないことが伺えます。

しかしながら詰め込んだ15曲だと思います。ヲタとしては少ないながらも声が枯れるような15曲だったのではないかと思います。

それでは開演前からの感想を書いていきます。

開演前が2014武道館と同じで激アツだった

武道館にDJも帰ってきた!

武道館に入場し、まず鳥肌が立ったのがDJ。2014武道館の時と同じく、D-YAMAさんがDJをやっていました。これには場内大興奮!

 多くのお客さんがDJに合わせてヲタ芸してましたね。しかも今回のDJのセットリストは3年前と異なり、でんぱ組の楽曲も入っていたのが激アツ。

 ピコ太郎の「PPAP」、星野源の「恋」、RADWINPSの「前前前世」など、2016年を代表する曲も流れて、開演前の武道館は大盛り上がりでしたね。曲をかけて会場を盛り上げるDJ、本当に尊敬します。すごい。

武道館に「コール本」も帰ってきた! 

そして2014武道館と同じだったのがもうひとつ、入場時に配られる広告類の中に「コール本」が封入されていたことです。

これはヲタの雄志の方が作成された、でんぱ組の自己紹介、曲中にヲタが行うコールなどを綺麗にまとめた一冊です。これ、前の武道館の時にもあったんですよね。

2014武道館がフラッシュバックされて開演前から泣きそうでした。

武道館は距離が近い!ぶっ飛ばしのセトリに声が枯れる

今回は学生席だったのですが、かなりステージから近い席になってびっくりしました。いわゆる「見切れ席」だったんだと思いますが、全見切れてなくて、むしろ見やすいくらいでした。本当にラッキーな席を引きました。

武道館はアリーナと比べて、かなり狭いのでステージから近いのが魅力的ですよね。

そんな中で、DJのラストナンバー「BEAM my BEAM」が終わるとすぐに会場の電気が消え、すぐにオープニングになりました。この流れの速さにも鳥肌が立ちましたね。美しい流れでした。 

オープニングは幕神アリーナツアーでの途中「おつかれサマー」前のパフォーマンスで「謹賀新年」の映像から。最初、一曲目はてっきり「おつかれサマー」かと思いきや、その後に幕神アリーナツアーのオープニング映像が。

その後でかかる1曲目が「W.W.D」。これは意表をつかれましたね。幕神アリーナツアーの1曲目が「でんでんぱっしょん」だっただけに、びっくりしました。

そこから自己紹介があって、「ちゅるりちゅるりら」、「君も絶対に降参しないで進まなくちゃ」。「サクラあっぱれーしょん」は早めの登場、「くちづけキボンヌ」もフルコーラスで登場。「詰まってる」という言葉が相応しいセットリストだと思います。最初から「飛ばしていくなあ」と感じるセットリストでした。

メンバー1人1人からの挨拶に武道館大号泣

途中から武道館に小さい花道ができて、そこで何をするんだろう?って思っていました。パフォーマンスするには狭くて危ないし。でもあそこに乗るんだろうなあ、というくらいの広さ。

そして「W.W.D Ⅱ」が終わったところで、メンバー1人1人から挨拶があるとのこと。

嫌な予感がする。解散か、活動休止か―

武道館が固唾を飲んで見守りました。メンバーもヲタも緊張でいっぱいの瞬間だったと思います。

そこで語られたのは、「これからも頑張る」というメッセージ。涙しながら決意を語るメンバーの言葉に、武道館は大号泣でした。武道館が鼻をすする音でいっぱいだったのは衝撃的でしたね。私も泣いていました。同時に解散も活動休止もなさそうで超安心。

最後のみりんちゃんの「もっと有名になりたい。もっとやりたいことが沢山ある。」という言葉には興奮を覚えました。

ちなみに、みりんちゃんが「しばらくライブの予定はないんですけどー」って言っていたのですが、これはツアーがないということでしょう。遅くてもフェスの季節になったら会えるはず。

そしてみりんちゃん、最後の一番いいところでキッチリ噛んでしまっていましたね。安定のみりんちゃんでしたとさ。

そんなこんなで15曲だったけど「でんぱらしさ」が前面に出ていた、素晴らしいライブでした。 武道館ライブはエモーショナルが過ぎますね。

「解散疑惑」がライブを更に感動させるものにした 

これは個人的な感想なのですが、ベストアルバム「WWDBEST」をリリースした後に囁かれていた「でんぱ組解散説」がライブをより一層感動的なものにしたと思います。

私は解散しないと思っていたし、解散騒動が出ること自体あんまり良いことではないと思っています。とはいえ、「1パーセントくらいの確率でもしかしたら活動休止...?」くらいの不安は抱えていました。突然武道館で追加公演ぶっこんでくるから、何かあるかな?と思ってしまいましたよ。

結果として、この不安な気持ちがライブを盛り上げるスパイスとなったんじゃないかと思います。もしかしたら今日が最後かもしれない―。その気持ちがヲタを熱くさせたのではないかと思います。

結果、全然解散じゃなったので本当によかったと思います。疑ってスミマセンでした(笑)。

「ライブの予定はしばらくない」とのことなので、新曲をガンガン出してくれたらと思います!来年頭にステキなアルバムをリリースして、そのツアーをやりましょう!!

そんなことを考えつつ、「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017 電波良好Wi-Fi完備!」は幕を閉じました。でんぱ組が私の地元・幕張でワンマンをやってくれて嬉しかったですね。しばらくでんぱ組ロスになりそうですね。「アマテラス」を練習することにします。