すぽらじ!

スポーツを主に語るブログ。

MENU

【2017夏・選手権】高校野球・千葉大会2回戦(14日)の注目カードと展望


スポンサーリンク


第99回全国高等学校野球選手権千葉大会は一昨日開会式を終え、昨日から1回戦がスタートしました。

ついに始まってしまいましたね。本当にドキドキします。

昨日と今日は1回戦です。そこを勝ち上がったチームと初戦をパスしているシード校などが明日以降激突します。

個人的に初日だった昨日は実力校が多い印象でしたので、明日の2回戦の注目カードと簡単な展望をまとめていきたいと思います。

初日12日は実力校が多かった印象

昨日の12日1回戦ですが、実力校が多く集まった印象を受けます。

昨年の準優勝校の市立船橋や昨年ベスト4の千葉経済、敬愛学園に流経大柏、学館船橋、国分、拓大紅陵、旧千葉国際こと翔凛など、過去の千葉大会で上位に上がってきたり、有力選手を抱えていた経験のある学校が多く登場しました。

中でも千葉商業―銚子商業の「商業ダービー」は、両校ファンも多く、試合前から盛り上がっておりました。会場が天空の城・ナスパスタジアムというのは残念でしたが、多くのファンに見守られる中、銚子商業が初戦突破を決めました。銚子商業の初戦突破は久しぶりかと思います。

2回戦の注目カード

専修大松戸―国分(千葉県野球場①)

春の王者・専修大松戸が出陣です。相手近年でシード経験もある国分高校ということで、気の抜けない初戦となりました。

専修大松戸の注目ポイントは、初戦の先発投手でしょう。誰が最初のマウンドに登るのかは要注目です。そして打順も気になるところです。春から変更があるか、チェックしたいところでしょう。

市立船橋―八千代松陰(習志野秋津①)

ここが2回戦再注目カードかもしれません。Cシード八千代松陰からすると、初戦で市立船橋はたまったものではないですね。

市立船橋の初戦・先発は須藤くんでした。次は伊藤くん、あるいは140キロ超のストレートを持つ昨夏のヒーロー・渕上くんが復活を見せるのでしょうか。

この両校のどっちかが初戦で消えるのは非常にもったいないですが、見守りたいと思います。

翔凛―千葉明徳(船橋市民②)

ここも好カードです。

昨年の夏にも激突し、その時は3-1で翔凛が千葉明徳を下しています。Bシードとして臨む千葉明徳ですが、今回はリベンジを果たし意地を見せることができるでしょうか。

柏南―流経大柏(柏の葉①)

柏市の対決ですね。

Cシード柏南に対して、ノーシードの強豪・流経大柏がどのような野球を見せるか注目です。

銚子商業―中央学院(柏の葉②)

こちらも好カードです。

特に中央学院は昨年秋に県大会で準優勝を果たしており、実力的には余裕でシードを張れるレベルの学校です。

春は初戦で木更津総合に敗れてしまっただけに、リベンジに燃えているでしょう。1回戦で銚子商業はハードですが、期待したいです。

ほかにも有力校がたくさん!

ほかにもAシードの木更津総合、Bシードの市原中央、Cシードからは学館浦安・東海大市原望洋が登場した登場します。

他には秋のベスト8の千葉英和やや東海大浦安、志學館に拓大紅陵、市立稲毛と例年夏を盛り上げてくれる学校が多く登場します。この辺は勝ち上がるとまた好カードになるので、引き続き注目していきたいと思います。

千葉テレビ中継カードは千葉県野球場ですので、専修大松戸と木更津総合、市原中央を見ることができますので、学生さんなんかはぜひ!

というわけで2回戦も楽しんでいきましょう。その前に今日の1回戦もですね!